タロットカード「ソードの5」の意味とリーディング

タロットカード「ソードの5」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「ソードの5」は、私利私欲や傲慢さを表すカードです。小アルカナのソード(剣)グループ14枚の5枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

ソードの5の意味

タロットカードの小アルカナ「ソードの5」は、私利私欲や、強引に物事を進めることを表すカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。

ソードのカードには傷心や、人を傷つけるという意味合いがあるのですが、「ソードの5」はとくに自分の利益を優先し、他人を軽んじる傾向を表します。

「ソードの5」には、5本の剣が描かれます。「ウェイト版」のカードでは、赤毛の男性が何本もの剣を手にし、抜け目なく周りを見渡しています。背景の寂寥とした広い空の下には、この人物に敗れ、奪われ、悲しみ疲れ切った人々が描かれています。

小アルカナのソードはトランプの「スペード」

小アルカナのソードはトランプの「スペード」から派生したといわれます。「スペード」は聖剣を表し、剣を持って世の中を治める王侯貴族や権威を象徴しています。

ヨーロッパでは古くから、「正義」を聖剣と天秤を携えた女神の姿で現してきました。このためソードには「裁き」の意味もあります。

ソードは「風」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。ソードはこのうち「風」のグループのカードです。

「風」の元素は、情報や移動を意味します。転じて理性や判断力、行動力を意味します。

タロットカード「ソードの5」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「ソードの5」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 自分本意、自分さえ良ければいい
  • 一人勝ち、傲慢さ
  • 欲しいものを略奪する
  • 強引に物事を進める
  • 荒廃、停滞、失われたもの
  • 裏切り、偽り

逆位置

  • 相手を出し抜きそこねる
  • 対立する
  • 争いの決着がつかない
  • 自分の弱さを認めない

ソードの5、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


ソードの5が出たときの相手の気持ち

タロットカードで「ソードの5」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

ソードの5は、あまりいい暗示ではありません。少し表現が悪いのですが、都合の良いように人を利用しようとしたり、よこしまな気持ちを持っていることを表す、とされます。少し警戒することが大事です。

エゴやプライドが強く、自分の思い通りにできるなら、相手の気持ちは二の次…といった意味合いが強いカードです。

逆位置

何かをしようとしていたのですが、それに失敗して、不満を感じているようです。自分の権力を使って強引に推し進めたものの、うまくいかずに無力感とイライラを感じています。

または、あなたを言いなりしたかったのに、優位な立場に立てなくて残念がっているようです。

片思いを占ってソードの5が出たとき

タロットカードで片思いを占って「ソードの5」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手の気持ちを惹くためなら、どんな手段でも使おうとしている様子が現れています。ライバルを出し抜いて彼を略奪したいとか、それぐらい強い気持ちです。

意中の相手が怖がって遠ざかってしまうので、正攻法でアプローチした方が良さそうですが、どんな手段を使っても相手の恋人になりたいという気持ちが抑えられないようです。

知恵を使い、強引なやり方でライバルを出し抜こうとするカードですが、自分の気持ちを満たすだけの恋愛よりも、相手のことを思う気持ちを大事にしたほうが、結局は長続きします。

逆位置

ライバルに出し抜かれてしまうというカードです。

片思いの相手にとって、あなたはまだ特別な存在とはいえません。特に意識もされていないようです。まずは、自分に注目してもらえるように知恵を振り絞ってください。

あなただけ特別と思わせることが重要です。どうやったら他の人より心に刺さるアプローチができるか、よく研究すると良いでしょう。

不倫を占ってソードの5が出たとき

タロットカードで不倫を占って「ソードの5」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

本命を出し抜いて、不倫関係を重ねている様子がでています。

不倫相手はかなりの手練手管で、本命にもあなたにも嘘をつき、周囲を騙しながら不倫関係を楽しんでいます。お互いにとって「都合の良い関係」なので、都合があわなくなったら即、関係終了です。

本当にこんなことを続けて良いのか、考えてみる必要がありそうです。もしかしたら他人から愛情を奪っていることが快感なだけかもしれません。自分がしたことはいつか返ってきますので、気を付けましょう

逆位置

駆け引きを楽しんでいた不倫関係から脱出するという暗示です。このカードがでた場合、こっそりといい思いをしていたことがバレ、不利な状況に立たされるという意味があるので、注意が必要です。

不倫相手の愛情を本命から奪っているという優越感に浸っていたはずが、実は不倫相手はあなたとの関係を「都合の良い関係」と割り切って考えていたことを知り、悔しい気持ちを味わいそうです。



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!

浮気を占ってソードの5が出たとき

タロットカードで浮気を占って「ソードの5」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたの相手は自分勝手で、あなたの目を盗んで浮気をする可能性がなくありません。バレなければ問題じゃない、と考えているかもしれません。

または、「俺はモテるんだ」ということを誇示したがるタイプですか?あなたに悔しいと思わせるため、わざと浮気するという意味のカードです。

いずれにしても、自分が大事で、あなたの気持ちは二の次のようです。

逆位置

あなたの目を盗んで浮気をしてやろうと画策して、未遂に終わっている可能性があります。浮気願望はありそうなので気を付けましょう。

また彼の周囲に浮気を焚きつける人や、かわいい女性を紹介したがるタイプがいるようですので、そういう人物と関わらせないことが重要です。

復縁占いでソードの5が出たとき

タロットカードで復縁占いをして「ソードの5」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

復縁するためには、多少の嘘やテクニックがいると思っていませんか?手練手管を使えば、いったんは復縁は叶いますがそれで本当に良いのでしょうか?

復縁が目的になっていないか考える必要があります。強引に復縁しても、別れに至った問題は解決していないので、喜んでるのはあなた1人といった状況になりかねません。もしかしたらあなたは相手を従わせたいだけなのかもしれません。

逆位置

このカードが出たあなたには、新たに誠実な相手と新しい恋をすることをお勧めします。あなたの復縁への思いは、期待したような結果につながらず、悔しい思いをするでしょう。

どんな手段を使っても復縁は叶いません。復縁してあげるから…と、相手のいいようにあしらわれ、結局はうまくいかない可能性があります。


仕事を占ってソードの5が出たとき

仕事についてタロットカードで占って「ソードの5」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

裏切りや手柄のひとり占めをしたがる人がいます。仕事は相手があってのもの。もしあなた自身が欲得に囚われて、取引先や仲間に不利な条件を押し通すなら、相応のしっぺ返しをうけそうです。

逆位置

こっそりと進んでいた、あまりよろしくない計画や状況が暴露されます。困った状況になるかもしれません。また、誰のミスかはっきりとしない不祥事があるかもしれません。

人間関係を占ってソードの5が出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「ソードの5」が出たときは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

自分勝手に行動するのはNGの時期です。周囲に自分勝手な人が現れてイライラする可能性もあります。陰口を言うようなタイプも暗躍するかもしれませんが、長い目で見ればそういう人は消えていきます。

逆位置

ちょっとしたトラブルが起きて、誰の責任かわからない状況が起きそうです。みんな関わりたくないので、お見合い状態が続き、しばらく停滞感が漂います。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH