【誕生日占い】4月10日生まれの姫たち

【誕生日占い】4月10日生まれの姫たち

4月10日生まれの人の誕生日占いをひと言でいうなら、「頼もしいリーダー」です。自然とボスになるタイプが多く、軍人や政治家として出世する人も多い誕生日です。ここでは数秘術、ホロスコープ(西洋占星術)、過去に同じ誕生日に生まれた姫たちの人生から4月10日生まれを占います。

「4月10日」はどんな日?

4月10日といえば、1946年に日本で初めて婦人参政権が認められた総選挙が行された日です。39人の女性代議士が当選しました。その3年後、労働省(現厚生労働省)が4月10日を「婦人の日」に制定しました。

1959年の4月10日には、現上皇明仁親王と現上皇后の正田美智子さんがご結婚なさいました。

語呂合わせで「ヨット(4・10)の日」「四万十(4・10)の日」ともされます。


4月10日生まれの特徴は?

4月10日生まれの人はどんな特徴があるのでしょうか?数秘術とホロスコープ(西洋占星術)から探ってみましょう。

数秘術から鑑る「4月10日」

数秘術では生年月日のすべての数字から運命数を算出しますが、ここでは「月」と「日」の運命数を見ます。



数秘術から見た4月10日とは、次のように占われます。

  • 4月…「4」はものごとの完成と固定を表す最小単位、外すべからざるルール。家の基礎も4本柱が必要なように
  • 10日…「10」は数秘術で「1」として扱われる(10は「1」と「0」に分解され、「1+0=1」のため)。ものごとの始まり、リーダーシップ、独自性を表す数字。
  • 4月10日…10日の運命数「1」は、ものごとの始まり、リーダーシップ、独自性を表す数字。4月の運命数「4」が完成へと導く。

ホロスコープで鑑る「4月10日」

ホロスコープ(占星術)から見た4月10日は、おひつじ座(牡羊座)です。

この日はおひつじ座の中でも第三デーク「ペルセウス座」に属します。

12星座占い

おひつじ座は「火、風、水、地」の4つのエレメントのうち、「火」に属します。生まれ持ったエネルギーが高く、攻めに強いタイプといえます。

→ おひつじ座(牡羊座)の性格と特徴を見る

36星座占い

ペルセウス座はギリシャ神話のヒーローの一人、ペルセウスを形どった星座です。ペルセウスはゼウスを父とする半神半人です。ゼウスは幽閉された王女ダナエの青銅の部屋に、黄金の雨となって忍び込み、ペルセウスが生まれたと言われます。

ペルセウスは成長後、壮大な使命を課せられ、命がけの冒険をしたといわれ、ペルセウス座は正義感や使命感が強い特徴があります。

4月10日生まれの姫たち

ここからは4月10日に生まれた姫たちの生きざまを見ていきましょう。同じ4月10日生まれの姫たちでも、運命に負けてしまった人あり、自ら運命を切り拓いていった人あり…やはり最後は自分次第といえるでしょう。

和田アキ子

1950年生まれの日本の歌手、タレント、司会者。

ミッツマングローブ

1975年生まれの日本のタレント、ナレーター。

木村佳乃

1976年生まれの日本の女優。

水卜麻美

 1987年生まれの日本のアナウンサー。

4月10日生まれのあなたへ

4月10日生まれの人は、周囲から頼られ、一目も二目も置かれるタイプが多いといえます。リーダーとして愛されると同時に恐れられるタイプもいますので、出来るだけ周囲に優しく接して、誤解を受けないようにすれば、組織の中でゆるぎない立場になることもできるでしょう。



【気になるあの人の誕生日も検索!】

この記事の執筆者

姫占いライター

姫占いライター

誕生日が歴史に残っているということは、その人が何かを成し遂げたということ。歴史に名前が残る女性は、男性に比べてまだまだ圧倒的に少ないです。女性学者、政治家、経営者、官僚といった社会を変える力を持つ女性はなかなか増えないし、光も当たらない。社会を変えたパワフルな「姫たち」を、誕生日占いとともにご紹介します。

RECOMMEND

SEARCH