【誕生日占い】11月25日生まれの姫たち

【誕生日占い】11月25日生まれの姫たち

11月25日生まれの人の誕生日占いをひと言でいうなら、「組織のリーダー」です。大きなプロジェクトもリーダーとしてこなします。ここでは数秘術、ホロスコープ(西洋占星術)、過去に同じ誕生日に生まれた姫たちの人生から11月25日生まれを占います。

「11月25日」はどんな日?

11月25日といえば、1892年の11月25日にはフランスのクーベルタン伯爵が、講演会で近代オリンピック開催を提案しました。

有名な書籍がいくつも発刊された日でもあります。1876年には福沢諭吉の「学問のすすめ」完結編が刊行され、1931年11月25日には「大百科事典」が刊行されました。1973年には「ノストラダムスの大予言」が発売され1999年に予言が外れるまで、「1999年人類滅亡」「オカルトブーム」が続きました。



11月25日生まれの特徴は?

11月25日生まれの人はどんな特徴があるのでしょうか?数秘術とホロスコープ(西洋占星術)から探ってみましょう。

数秘術から鑑る「11月25日」

数秘術では生年月日のすべての数字から運命数を算出しますが、ここでは「月」と「日」の運命数を見ます。



数秘術から見た11月25日とは、次のように占われます。

  • 11月…「11」は数秘術でマスターナンバーといい、とくに11はスピリチュアルな数字として扱われる。感受性が強く、場合によっては霊感を持つ人も
  • 25日…「25」は数秘術で「7」として扱われる(「2+5=7」となるため)。「7」は固定を表す4角と、動く力を秘めた3角の組み合わせ数。強く飛び出していくパワーを秘めた数字
  • 11月25日…25日の運命数「7」は、強く飛び出していくパワーを秘めた数字であり、11月の運命数「11」が感受性や霊感といった目に見えない世界とつなぐ。

ホロスコープで鑑る「11月25日」

ホロスコープ(占星術)から見た11月25日は、いて座(射手座)です。この日はいて座の中でも、第一デーク「こと座」に属します。

12星座占い

いて座は「火、風、水、地」の4つのエレメントのうち、「火」に属します。行動範囲が広く、未知の世界に飛び込んでいくところがあります。

→ いて座(射手座)の性格と特徴を見る

36星座占い

こと座は、ギリシャ神話の太陽神アポロンの息子で、竪琴の名手オルフェウスの琴です。こと座の一等星ベガは、日本や中国で七夕の織姫星としても有名。オルフェウスと織姫、どちらも愛する人との再会を一途に待ちわびた伝説を持っています。

こと座は、奉仕精神が旺盛で、社会や人のために役立つ人生を選ぶ傾向があります。しっかりとした考えを持っていて、生涯ブレない、そういうタイプがたくさん生まれる星座です。

11月25日生まれの姫たち

ここからは11月25日に生まれた姫たちの生きざまを見ていきましょう。同じ11月25日生まれの姫たちでも、運命に負けてしまった人あり、自ら運命を切り拓いていった人あり…やはり最後は自分次第といえるでしょう。

真琴つばさ

1964年生まれの日本の歌手、女優、元宝塚月組トップスター。

椎名 林檎

1978年生まれの日本の歌手。

11月25日生まれのあなたへ

11月25日生まれの人は、自分のチームを作ったり、組織だった仕事が得意です。このため1人ではやり遂げるのが難しいような仕事も成し遂げてしまいます。この実行力とリーダーシップを良い方向に使うと、大きな信頼と人気を得ることができます。



この記事の執筆者

姫占いライター

姫占いライター

誕生日が歴史に残っているということは、その人が何かを成し遂げたということ。歴史に名前が残る女性は、男性に比べてまだまだ圧倒的に少ないです。女性学者、政治家、経営者、官僚といった社会を変える力を持つ女性はなかなか増えないし、光も当たらない。社会を変えたパワフルな「姫たち」を、誕生日占いとともにご紹介します。

RECOMMEND

SEARCH