タロットカード「カップの2」の意味とリーディング

タロットカード「カップの2」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「カップの2」は、愛情や友情を意味するカードです。小アルカナのカップ(聖杯)グループ14枚の2枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

カップの2の意味

タロットカードの小アルカナ「カップの2」は、愛情や友情、絆、結婚などを表します。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。カップには愛情や感情という意味があります。

「カップの2」に描かれているのは、愛情を象徴するカップを手にし、向かい合った若い男女です。その後ろには「カドゥケウスの杖」が浮かんでいます。

「カドゥケウスの杖」はギリシャ神話に登場するヘルメスの持ち物であり、杖に2匹の蛇が巻きついています。釣り合いのとれた取引や、お似合いのカップルを表すシンボルとされ、この2人がお互いにふさわしい相手であることを示します。

小アルカナのカップはトランプの「ハート」

小アルカナのカップはトランプの「ハート」から派生したといわれます。「ハート」は聖杯を表し、愛と教育をもって世の中に尽くす聖職者を象徴しています。キリスト教の宗教儀式で使う「チャリス」という名で呼ぶこともあります。

ヨーロッパの伝説では、聖杯には人を癒す飲み物が入っているとされるため、カップには愛情、慈しみ、癒しの意味もあります。

カップは「水」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。カップはこのうち「水」のグループのカードです。「水」の元素は、感情や愛情を意味します。

タロットカード「カップの2」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「カップの2」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 結婚する
  • 協力し合う、献身的
  • 心身共に満たされる
  • 愛情、友情、親愛
  • 良好な関係、深い絆
  • 復縁、和解

逆位置

  • 仲違いする、分離
  • 失恋、破談、離婚
  • 嫉妬する
  • 不釣り合い、アンバランス
  • 欲望の赴くままにふるまう

カップの2、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


カップの2が出たときの相手の気持ち

タロットカードで「カップの2」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

ふたりはお似合いのカップルです。相手はあなたと仲良くしたいと思っており、あなたもその気持ちと向き合い、誠実に応えるとうまくいくでしょう。

「カップの2」はバランスの取れた、お似合いの関係を意味しますので、どちらかが尽くしすぎることもなく、ギブ&テイクの理想的なパートナーとなるでしょう。結婚を示唆するカードでもあります。

逆位置

ふたりは趣味や性格がかなり異なるようです。浮気癖や嫉妬深い性格など、2人の今後を築くうえでは気になる性癖もありそうなので、注意してみてください。

もし喧嘩があまりに多い、相手があまりにも身勝手と感じる、という場合には、少し距離をとって考える時間を持ってみて。相手はあなたへの嫉妬心やネガティブな気持ちが強く、理解しようという気持ちを放棄し、そっぽを向いているようです。

片思いを占ってカップの2が出たとき

タロットカードで片思いを占って「カップの2」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

この片思いは成就する可能性が高そうです。相手もあなたと同じように好意を感じているようです。

恥ずかしいからといってツンデレな態度や、敬遠するそぶりをしてしまうと上手くいきません。駆け引きせず、そのままの気持ちを態度で表し、相手に素直に向き合うとうまくいくでしょう。

バランスの取れたお付き合いを意味するカードですので、してもらったこと、頂いたものがあれば、必ず同じだけのお返しを忘れずに。

逆位置

お互いに意地を張ってしまったり、心を開いて相手に向き合えないことがありそうです。お互いに気になっているのに、ミスコミュニケーションで失敗する気配が出ています。自分が格好つけるよりも、相手の気持ちを優先させることが、この恋を成就させるための鍵となりそうです。

また、相手はあなたについて何か誤解をしていることがあるようです。それが何か調べて誤解を解くためには、周りの協力が必要かもしれません。

不倫を占ってカップの2が出たとき

タロットカードで不倫を占って「カップの2」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

不倫だけど本気になってしまった、そんな気配が出ています。不倫だったはずなのに、相手といると心身共に癒され、満たされるようです。本命よりも強い結びつきをお互いに感じて始めています。本命を捨てて、不倫相手との結婚を選ぶこともありそうです。

もしこの不倫相手を運命の人と感じており、結婚したいならば、今がその時かもしれません。深い絆で結ばれ、信頼できる相手となりそうです。

逆位置

2人の不倫関係はお互いの気持ちが冷め、相手を思いやる気持ちがなく、お互いに欲望のぶつけ合うだけの関係のようです。これでは心は満たされず、不満だけが溜まっていき、不倫を解消するという結論を選ぶかもしれません…?

別れを選ばない場合も、喧嘩が絶えず、なかなか一緒に時間を過ごせない状態が続きそうです。



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!

浮気を占ってカップの2が出たとき

タロットカードで浮気を占って「カップの2」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたとの絆が深く、とても献身的に向かい合っている様子なので、浮気はまずないでしょう。心身共に深く結びついている相手です。ただし、元恋人とのつながりが再び燃え上がってしまう可能性はなきにしもあらずです。

浮気を心配するより、相手を分かろうとする気持ちや、相手に向き合う気持ちを大事にすれば、浮気は防げるでしょう。お互いに尽くし合うことができれば、浮気の心配はなくなるでしょう。

逆位置

あなたと喧嘩をしてる時に相手が浮気をする可能性がでています。あなたとの喧嘩の憂さ晴らしを求めて浮気をしてしまうかもしれません。それによって別れを選ぶこともある運気です。

お互いを理解しようとする気持ちがなければ、いずれは別れを選ぶことになる、と肝に命じて交際相手と向き合うと良いでしょう。浮気の心配よりも、つまらない喧嘩を減らして、お互いに歩み寄り、譲り合う気持ちが大事です。

復縁占いでカップの2が出たとき

タロットカードで復縁占いをして「カップの2」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

「カップの2」は和解、復縁を意味するカードです。一度別れたことによって、相手のありがたみがわかった2人がいます。お互いに許しあい、歩み寄る気持ちを持てれば、すぐに復縁できるでしょう。

一回別れたことによって2人の絆は強くなりそうですので、復縁から結婚につながることもありえそうな運気です。お互いに譲り合い、バランスをとっていくことが末長く上手くいく秘訣です。

逆位置

お互いに復縁したい気持ちはありますが、どうしても許せない気持ち、譲れないポイントがあるようです。復縁を真剣に考えれば考えるほど、ここが致命的となり「分かり合えない、付き合っていくのは無理だ」という結論になりそうです。

復縁の話をしようとして会ったり電話をしても、喧嘩になってしまいそうです。無理に復縁のための復縁はせず、客観的に長い目で交際を考えましょう。


仕事を占ってカップの2が出たとき

仕事についてタロットカードで占って「カップの2」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

ぴったりとはまるような仕事がやってきます。新しいクライアントやプロジェクトかも知れないし、移動先、転職先の新しいポジションかもしれません。楽しく仕事をして評価も上がる、良いサイクルに入れそうです。

逆位置

自分の特技や、性格が活かせない仕事に従事している可能性はありませんか?あなたに上手くはまらないポイントがあり、今の仕事の成果が出なかったり、モチベーションが上がらなかったりすることもありそうです。

人間関係を占ってカップの2が出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「カップの2」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

ギブ&テイクの良い関係が築けそうです。ポイントは尽くしすぎないこと。あまりに尽くすと、相手は重荷に感じてしまい、つきあい自体を負担に感じるようになります。してもらったことを、忘れた頃にお返しするぐらいがちょうど良さそうです。

逆位置

あなたが一生懸命してあげたこと、相手はありがたがっていないようです。本当に相手がして欲しいことなのか、自分の自己満足ではないのか、ちょっと考えてみるとよさそうです。

または、あなたが誰かと仲良くしていることを嫉妬している人がいるので、ちょっと気を付けるようにという暗示です。



この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH