タロットカード「カップのペイジ(小姓)」の意味とリーディング

タロットカード「カップのペイジ(小姓)」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「カップのペイジ(小姓)」は、新たなスタート、年若い恋人などを表すカードです。小アルカナのカップ(聖杯)グループ14枚の11枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

カップのペイジ(小姓)の意味

タロットカードの小アルカナ「カップのペイジ(小姓)」は、新たなスタート、心が躍る出会い、年若い人などを表すカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。

カップのペイジは「カップ」のグループ(スートともいう)の11番目にあたるカードで、コートカードと呼ばれる人物札にあたります。

「カップのペイジ」には、水辺にたたずむ若い男性が描かれています。彼は盃を手にしており、そこからはひょっこりと魚が顔をだします。盃から顔を出した魚は、キリスト教のシンボルのひとつです。

ギリシャ語で「イエス」「キリスト」「神の子」「救世主」の頭文字をつなげると「I XΘΥ∑(イクソス)=魚の意味」となります。この魚は神からの使い、または神からの恩寵を意味するおめでたいものです。

「ペイジ」とは?

ペイジとは、中世の宮廷において騎士見習いをしていた従者のことです。

ペイジのトレードマークともいえるのが、おかっぱ頭のヘアスタイルで、現在でもこのヘアスタイルを「ペイジ・カット」と呼びます。

また、欧米では結婚式で花嫁のベールをもって付き添う少年や、高級レストランの給仕係、米国議会の事務スタッフを「ペイジ」と呼びます。

カップのペイジは誰が由来なのか気になりますが、はっきりしていません。ペイジはもともと見習い中であり、まだ功績をあげたり、名を成す前の姿なのです。

小アルカナのカップはトランプの「ハート」

小アルカナのカップはトランプの「ハート」から派生したといわれます。「ハート」は聖杯を表し、愛と教育をもって世の中に尽くす聖職者を象徴しています。キリスト教の宗教儀式で使う「チャリス」という名で呼ぶこともあります。

ヨーロッパの伝説では、聖杯には人を癒す飲み物が入っているとされるため、カップには愛情、慈しみ、癒しの意味もあります。

カップは「水」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。カップはこのうち「水」のグループのカードです。「水」の元素は、感情や愛情を意味します。

タロットカード「カップのペイジ」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「カップのペイジ」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 始まりの予兆、出会い、恋の始まり
  • ワクワクしたスタート、可能性
  • 新しい人間関係
  • ロマンティックで愛情深い人
  • 年下の恋人
  • 子供の誕生、妊娠

逆位置

  • 未熟な考え、幼稚さ、感情的な行動
  • わがまま、独りよがり、甘えすぎ
  • スタートできず苛立つ
  • 古いものへの不満
  • 出会いがない

カップのペイジ、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


カップのペイジが出たときの相手の気持ち

タロットカードで「カップのペイジ」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

ロマンティックな関係になりそうな予感です。相手はあなたとの関係が進展することに胸を膨らませている様子です。あなたといるとワクワク楽しい気持ちで満たされるようです。

相手もあなたとの関係から、長く続く何かが始まりそうな可能性を感じているようです。飾らない気持ちで接することができる、純粋な相手だと思っているようです。

逆位置

あなたのことを、ちょっと子供っぽすぎて、わがままだと感じることが多いようです。恋には進展しないほうがいい、幼すぎる、という目線であなたのことをみているようです。

考えの足りない言葉、子供っぽい振る舞いは控えると良いでしょう。進展しない可能性がないわけではありません。

片思いを占ってカップのペイジが出たとき

タロットカードで片思いを占って「カップのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

恋の始まりのカードが出ました。あなたが片思いしていた相手も、あなたとの恋の進展にワクワクしているようです。ウキウキと心躍るような気持ちになっているようです。

相手が年下だとしても、優しくこの恋をリードしてくれて、ロマンティックな恋ができるかもしれません。

逆位置

あなたのことは「妹キャラ」だと思っています。年下の可愛い妹のような感じです。あなたが子供扱いされるのに不満を感じて、わがままに相手に接すると、それが更に子供っぽく感じられてしまいます。

年下を育てるのが好き、というタイプとなら、うまくいきます。しっかりした性格や、大人っぽくセクシーなほうが好き、というタイプとだと、恋愛対象だと思ってもらえない様子です。

子供っぽいというイメージを覆すような、相手をドキッとさせるアプローチが出来れば、この状態を抜け出すこともできるかもしれません。

不倫を占ってカップのペイジが出たとき

タロットカードで不倫を占って「カップのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

不倫は始まったばかりではないですか?会うたびにワクワクしているのではないでしょうか。相手もこの不倫関係をとても楽しんでいる様子です。

この不倫関係はロマンティックに楽しく進展していくことでしょう。とても相性が良く、子供を授かる可能性もありそうなので、望まない妊娠には注意が必要です。

逆位置

不倫を始めた時の情熱が冷めてきているようです。不倫相手は最初に思っていたよりも幼稚で子供っぽくないですか?あなたにわがままをいったり、感情をそのままぶつけてきたり、まるで子供が1人増えたかのような感じです。

ロマンティックな大人の関係を期待していたあなたからすると、がっかりといった様子が出ています。これ以上のめり込まないほうがいいかもしれませんね。


浮気を占ってカップのペイジが出たとき

タロットカードで浮気を占って「カップのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

交際相手が浮気をしている場合、年下もしくは頼りない相手に頼られている感覚を楽しんでいるようです。まだ始まったばかりなら、これからも関係は進展していくかもしれません。本命が入れ替わる可能性もなくはありません。

浮気が楽しくて舞い上がっていると、いつかボロが出るものです。証拠をつかむまで注意深く待ちましょう。証拠がないのに意見しても、あなたとの関係が悪くなるだけです。

逆位置

相手は、あなたと付き合い始めた当初の、ワクワク感や楽しさが失われてしまい、退屈して刺激を求めている様子です。浮気をしたいという気持ちがあるようです。

浮気はダメだよと言い聞かせても、子供っぽい言い訳で甘えてごまかしてきます。浮気できるようなシチュエーションが整えば、衝動的に浮気をしてしまいそうな状態です。

復縁占いでカップのペイジが出たとき

タロットカードで復縁占いをして「カップのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

カップのペイジは「恋の始まり」のカードですので、付き合った頃の気持ちを思い出すことができそうです。うまく相手に頼ったり、甘えたりして、守ってあげたいと思わせれば復縁の可能性はあります。

別れたことで、付き合いたての新鮮な気持ちが蘇り、ロマンティックに燃え上がる恋がスタートできそうです。復縁から子供を授かり、スピード結婚ということもありそうです。

逆位置

お互いの幼稚さが邪魔をしています。復縁しようと思っても喧嘩になったり、相手のことよりも自分の感情を押し付けあったりしてしまっていませんか…。

せっかく仲直りしようと思っても、思い通りにならない状況になってしまい、収集がつきません。復縁の糸口がないようです。相手といて楽しいと感じる気持ちが大切です。グループで遊んだり、友達として話してみてもいいかもしれません。



仕事を占ってカップのペイジが出たとき

仕事についてタロットカードで占って「カップのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたの斬新なアイディアが大きな成果に結びつきそうです。思いついたことは粗削りでもいいので、言葉にしたり、提案書にして残しておきましょう。いいアイディア、面白いアイディアを出して、失うものはありません。

逆位置

利益が出ない仕事に精を出したり、幼稚な凡ミスを犯したり、基本的なところで気持ちが足りず、ちょっと損をしているようです。視点を少し変えてチェックを。

人間関係を占ってカップのペイジが出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「カップのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

新しい人間関係の到来です。新しい環境に身を置くかもしれません。または、メンバーが大幅に入れ替わって別の環境のようになるのかも知れません。生産性も高まる時期です。

逆位置

変化のない環境にちょっと苛立っている様子が見えます。長い付き合いやしがらみがちょっと重荷になっているのかも…バッサリと切ってしまうわけにはいきません。自分の気持ちをリフレッシュして向き合いましょう。



この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH