タロットカード「太陽」の意味とリーディング

タロットカード「太陽」の意味とリーディング

タロットカードの大アルカナ「太陽」は、エネルギーや未来、若さを表すカードです。大アルカナ(0番から始まる全22枚)の19番目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

太陽(The Sun)カードの意味


タロットカードの大アルカナ「太陽」はエネルギーや未来、若さなどを意味します。

「太陽」は大アルカナカードの19番目のカードです。世界中でタロットカードの定番とされているウェイト版(ライダー版ともいう)でも、より古く歴史の長いマルセイユ版でも19番目のカードです。

このカードに描かれているのは、降り注ぐ太陽の下、白馬に乗っている子供です。

赤い旗、白い馬、ひまわり

子供が持つ赤い旗は火星を表し、古代ローマでは戦争の神マルスの色とされました。白馬はヨハネの黙示録によれば「第1の騎士」の乗る馬です。第1の騎士は「勝利の上に勝利を導くもの」とされます。

子供の周囲には高い生垣が巡らされ、ひまわりが咲いています。ひまわりは自由と正義の象徴とされ、現代の弁護士バッジにもあしらわれています。子供はリーダーとなる未来を約束されており、成長の間、大切に保護されていることを意味します。

タロットカード「太陽」のキーワード

タロットカードの大アルカナ「太陽」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 明るい気持ち、解放的な気分
  • 希望、楽観主義、恐れを知らない
  • ポジティブなエネルギー、活気に満ちた様子
  • 健全な関係、結婚
  • 約束された未来
  • リーダーシップ

逆位置

  • 未来が見えない状態
  • 傲慢さ、わがまま
  • ネガティブな気持ち
  • 不健全な関係
  • 見通しが立たない
  • 活気がない様子
  • 権威失墜

太陽の逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


太陽が出たときの相手の気持ち

タロットカードで「太陽」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手はあなたといると明るい気持ちになり、楽しいと感じています。あなたは相手の目にパワフルでキラキラ輝く人と映っているようです。

あなたのそばにいることで自分もエネルギーをもらい、人生が拓けそう、と良いイメージや前向きな気持ちを持っています。あなたともっと仲を深め、建設的な将来につなげたいと考えています。

逆位置

あなたのことを、子供っぽくわがままなところがあるように感じています。このため、将来の見通しを立てるのに躊躇している暗示があります。

パワフルで魅力的だけど、自分が振り回されてしまうのではないか…自分のペースで生きていくのが難しくなるのではないか…。そんなイメージを持っているようです。

片思いを占って太陽が出たとき

タロットカードで片思いを占って「太陽」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたにとって一緒にいるだけで明るく楽しく時間を過ごせる人です。相手も同じように思っているため、お互いに一緒にいたいという気持ちが強くなり、自然と交際に発展するでしょう。

包み隠さず相手に心を開くことによって、順風満帆な交際ができるようです。結婚を見据えた真剣なお付き合いが出来ます。

太陽は子供と縁の深いカードであるため、付き合ってすぐに「出来ちゃった婚」となる場合もあります。

逆位置

相手に振られたらどうしようという恐れや、相手がキラキラしすぎて私なんてどうせ付き合えない、という後ろ向きな気持ちがあることを表しています。

うじうじと悩むことで、はっきりしない人というイメージを相手に与えてしまっています。片思いがうまくいかなくてもいいので、ポジティブな気持ちを大切に気持ちを切り替えていきましょう。

相手に対して温かい気持ちを大事にすること、明るく接することを心がけてみると良いです。

浮気を占って太陽が出たとき

タロットカードで浮気を占って「太陽」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手はとても明るく活発で、前向きな人物ですね。とても人当たりが良いので、人から好意を持たれたり好感を寄せられることが多いと出ています。

浮気してないか心配になるのも当然ですが、相手はあなたと相思相愛なので、浮気をする心配は、まずありません。愛情や情熱はあなただけに向かっています。

ただ、太陽は再生も意味するカードですので、元恋人や同級生とは連絡を取らせないほうが良いでしょう。

逆位置

相手が浮気している心配はありません。浮気に対して相手自身がネガティブなイメージを抱いています。浮気で起きるトラブルへの恐れがたいへん強いので、そうそう浮気は出来ないはずです。

相手と過ごす時は、明るく楽しい時間を意識して過ごすようにしましょう。相手と将来について話したりしていれば、浮気などはしないでしょう。



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!

不倫を占って太陽が出たとき

タロットカードで不倫を占って「太陽」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

本命よりも不倫相手と一緒にいたい気持ちが強くなります。結婚を意識するほどまでに相手の存在は大きくなっています。相手といるととても居心地が良く、伸び伸びと過ごす子供のように解放的な気分です。

燃え上がった情熱は、本命を捨て相手と一緒になるという選択しか見えなくなってしまう可能性があります。2人の情熱が盛り上がりすぎないように気をつけてください。

新しい生命を表すカードでもあるので、妊娠に気をつけてください。

逆位置

お互いに燃え上がっていた気持ちは冷めてしまっているようです。このまま付き合っていても一体どうなるんだろうと不安感が募っていることが表れています。

解放的にもなれない、相手の気持ちも見えない。近いうちにこの不倫関係を解消する可能性が高いです。こんなタイミングでは妊娠しないように気を付けてください。

復縁占いで太陽が出たとき

タロットカードで復縁占いをして「太陽」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

お互いに一緒にいることによりプラスになる関係です。再び2人の相手への情熱、愛情が戻り、どちらからともなく歩み寄ります。気づいたら復縁していたということもありそうです。結婚を見据えてもう一度やり直そうという気持ちになります。

別れている間はお互いにつらく暗い気持ちでいたことでしょう。復縁することにより、本来の明るさであったり、人生に向かうポジティブな気持ちを取り戻せます。

逆位置

復縁したい気持ちはあるものの、やり直してもまた同じことになるのでは…とネガティブな気持ちが出ています。

別れた理由は、どうしても結婚が考えられない状況か、相手のどうしても直らない欠点があったのではないでしょうか。

この先出会いがあるのだろうか、という不安からの復縁は勧めません。寂しい気持ちがあるだけではないか、もう一度自分に聞いてみるべきです。


仕事を占って太陽が出たとき

仕事についてタロットカードで占って「太陽」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

リーダーとして周囲を引っ張るタイミングです。部下や後輩の面倒を見ることになります。楽しんで仕事をするうちに成果が出ているはずです。将来の昇進にもつながります。

逆位置

パワフルさが裏目に出て空回りしていませんか?周りの人にもそれぞれの都合がありますので、相手の立場に立って待つ姿勢が必要です。状況がよく見通せないときには突っ走らないことです。部下のミスがあるかもしれません。

人間関係を占って太陽が出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「太陽」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

大きく人間関係が広がります。パーティーやセミナーなどでの出会いは大切につないでみましょう。意外な人と出会えます。

逆位置

無邪気に言ったことが、わがままと受け取られてしまいます。いちいち気にしていては大変ですが、少しだけマイルドに表現するなどの工夫を。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH