タロットカード「ワンドの4」の意味とリーディング

タロットカード「ワンドの4」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「ワンドの4」は、完成や夢の成就、結婚を表すカードです。小アルカナのワンド(棍棒、杖)グループ14枚の4枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

ワンドの4の意味

タロットカードの小アルカナ「ワンドの4」は、完成した幸せとそれが守られているというカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。ワンドには労働、実務や粗削りな力強さという意味があります。

「ワンドの4」に描かれているのは、幸福な光景です。堅牢な城を背景に花とブドウで飾られた4本の杖。その間からは男女と思われる2人が大きく手を振っています。

4本の柱で囲まれたのは守られた結界、家庭やコミュニティであり、その中には安全と豊かさ、愛情が繁栄しているという意味のカードです。

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」から派生したといわれます。「クラブ」は棍棒を表し、労働をもって世の中を支える農民を象徴します。

古代の英雄の武器としても有名で、トランプの「クラブ」が三つ葉のクローバーの形で描かれるのは、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの棍棒が「メイス」と呼ばれる三つ叉の棍棒だったことに由来するそうです。

古代や中世のヨーロッパの戦いにおいても、ワンドを使って打撃戦を行う戦士は多かったため、「原始的なパワー」「パワーファイト」といった意味も持ちます。

ワンドにはもうひとつ、別の意味があります。それは「魔法の杖」というものです。ハリーポッターなどで出てくる杖も「ワンド」と呼ばれています。

ワンドは「火」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。ワンドはこのうち「火」のグループのカードです。「火」の元素は、湧き出る力を意味します。

タロットカード「ワンドの4」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「ワンドの4」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 夢が叶う
  • 結婚、家庭の幸せ
  • 祝福、喜び、至福の時
  • 幸せな時間を過ごす
  • 安定、安心、平和

逆位置

  • 出会いがない、結婚が遠のく
  • 理想が実現しない
  • 計画が実現しない、未完成、不安定
  • 幸せを感じられない

ワンドの4、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


ワンドの4が出たときの相手の気持ち

タロットカードで「ワンドの4」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたと過ごす時間を至福の時と感じているようです。あなたといるとリラックスして、安心した気持ちになれるという意味のカードです。

もしあなたが相手とまだ結婚していない場合、相手はあなたとの長期的なつきあいや結婚も視野に入れていると考えてよさそうです。

この時間を大切にしたい、この中に浸っていたいという相手の気持ちがあります。

逆位置

今のままでは居心地が悪い、リラックスできない、と感じているようです…?あなたといても自分の思いが通じず、あなたと対等な関係が築けていないことに、不満が溜まっている様子です。

結婚している場合、相手は家庭に息苦しさを感じている可能性もあります。

片思いを占ってワンドの4が出たとき

タロットカードで片思いを占って「ワンドの4」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相思相愛になれそうです。付き合いたての幸せな時間を楽しみましょう。相手と過ごすと、とても癒される楽しい時間が続くでしょう。

このカードは結婚なども暗示しますので、周囲公認の幸せなカップルになり、安定した交際を続けていけそうです。

逆位置

片思いの相手と今すぐ付き合うのは難しそうです。正式なカップルとして周囲に祝福されるまで、歩まなくてはならない道のりがありそうです。

どうしても相手と付き合いたい場合は、まず相手にあなたと過ごすと楽しいという気持ちや、あなたといるとリラックスして幸せな気分になる、と思ってもらいましょう。

不倫を占ってワンドの4が出たとき

タロットカードで不倫を占って「ワンドの4」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

不倫関係から脱して、お互いに正式なパートナーになりたいと思っていたのではないでしょうか?2人の願望が叶いそうです。

周囲にも祝福されて正式なパートナーとして人生を歩んでいけそう、というカードです。至福の時間を味わえるでしょう。今は堂々と胸を張って手を繋いで歩ける喜びに浸りましょう。

この関係が末長く安定して続いていくように、2人は人生の新たなスタートを胸に刻みましょう。またどちらかが新しい関係に溺れたりしないように。

逆位置

別れを選ぼうと思っていますが、その決断さえできない、程停滞した状態の2人がいます。相手といても結婚は出来ない、という暗黙の了解があり、将来に繋がらない関係を楽しめない2人がいます。

今やお互い一緒にいても楽しさを感じられない、一緒にいてもリラックスさえできないのではないでしょうか…?2人で会っても後ろめたい気持ちのみが強くなっている様子です。


浮気を占ってワンドの4が出たとき

タロットカードで浮気を占って「ワンドの4」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

2人はとても良い関係を築けています。幸せすぎて何かあるのでは?と疑ってしまうのでしょうが、この幸せの時間を楽しみましょう。

あなたと真剣に結婚したいという気持ちが強く、周囲からの目もあるので、浮気をする気はないようです。あなたが相手のことを想うように、相手もあなたといると楽しくワクワクするようです。

一緒にいてリラックスできる相手として、結婚も視野に入れている様子です。浮気の心配はまずないでしょう。

逆位置

2人の交際には、浮気以外の問題点があるようです。相手の浮気にすり替えて疑っていますが、交際そのものを見つめ直しましょう。

大きな環境の変化や心のすれ違いがあり、一緒にいられない、一緒にいても楽しくない、癒されない、リラックスできないといった問題はありませんか?

お互いに今の関係に違和感を感じているのではないでしょうか?もし相手が本当に浮気をしていたら、交際を終わりにする良い機会かもしれません…?

復縁占いでワンドの4が出たとき

タロットカードで復縁占いをして「ワンドの4」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

強い復縁運のカードといえます。お互いに別れてみて、相手の良さを感じたようです。復縁できたことを周囲も祝福してくれ、自他共に公認のカップルになれるでしょう。

復縁できた喜びに相手のありがたみを感じましょう。リラックスできて安心できるからこそ、何でも言ってしまう。それではいけません。

親しき中にも礼儀あり、という気持ちを大事に、結婚を視野に入れて安定して付き合っていけるでしょう。

逆位置

復縁しても将来が見えないため、安心して付き合えないことを示唆するカードです。出会いがないから、なんとなく復縁しようかなと思っているあなたがどこかにいるようです。

復縁する必要があるでしょうか?一緒にいても、もはや楽しくないのなら、新しい出会いが怖いだけではないでしょうか。

今はお互い相手に疑心暗鬼になっていて、優しい気持ちで接することができません。いったん復縁を忘れて、目をしっかりと開けましょう。


仕事を占ってワンドの4が出たとき

仕事についてタロットカードで占って「ワンドの4」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

良い会社や部署、チームにいるのではないでしょうか?仲間と安定した仕事をしているというカードです。中にいる人たちも新しい仲間を歓迎する心があり、これからもますます繁栄していく可能性が高いです。

または、いったんの成果が出てしばらく休息が取れるという暗示です。

逆位置

何かのきっかけでバランスを失った状態が暗示されています。以前ほどの安心感はなく、仕事をしていても常に何かが気になるという様子です。自分から動き出して状況を好転させましょう。

人間関係を占ってワンドの4が出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「ワンドの4」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

人間関係は良好というカードです。家庭や共同体の中で安定と幸せを満喫しているのではないでしょうか。新しい仲間が増えるという可能性もあります。

逆位置

安定していた環境が変化する時期に差し掛かっているようです。動き出しなさいという暗示ですので、今いるところに安住しようとしても難しいかもしれません。勇気をもって踏み出しましょう。物語は始まったばかりなのです。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH