タロットカード「ワンドのペイジ(小姓)」の意味とリーディング

タロットカード「ワンドのペイジ(小姓)」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「ワンドのペイジ(小姓)」は、何かの予兆、未来の可能性を表すカードです。小アルカナのワンド(棍棒、杖)グループ14枚の11枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

ワンドのペイジ(小姓)の意味

タロットカードの小アルカナ「ワンドのペイジ(小姓)」は、これから成長する若手や未来へのメッセンジャーを表すカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。ワンドには労働、実務や粗削りな力強さという意味があります。

ワンドのペイジは「ワンド」のグループ(スートともいう)の11番目にあたるカードで、コートカードと呼ばれる人物札にあたります。

「ペイジ」とは?

ペイジとは、中世の宮廷において騎士見習いをしていた従者のことです。

ペイジのトレードマークともいえるのが、おかっぱ頭のヘアスタイルで、現在でもこのヘアスタイルを「ペイジ・カット」と呼びます。

また、欧米では結婚式で花嫁のベールをもって付き添う少年や、高級レストランの給仕係、米国議会の事務スタッフを「ペイジ」と呼びます。

ワンドのペイジは誰が由来なのか気になりますが、はっきりしていません。ペイジはもともと見習い中であり、まだ功績をあげたり、名を成す前の姿なのです。

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」から派生したといわれます。「クラブ」は棍棒を表し、労働をもって世の中を支える農民を象徴します。

古代の英雄の武器としても有名で、トランプの「クラブ」が三つ葉のクローバーの形で描かれるのは、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの棍棒が「メイス」と呼ばれる三つ叉の棍棒だったことに由来するそうです。

古代や中世のヨーロッパの戦いにおいても、ワンドを使って打撃戦を行う戦士は多かったため、「原始的なパワー」「パワーファイト」といった意味も持ちます。

ワンドにはもうひとつ、別の意味があります。それは「魔法の杖」というものです。ハリーポッターなどで出てくる杖も「ワンド」と呼ばれています。

ワンドは「火」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。ワンドはこのうち「火」のグループのカードです。「火」の元素は、湧き出る力を意味します。

タロットカード「ワンドのペイジ」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「ワンドのペイジ」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 筋のいい若手、後輩
  • 年下の恋人
  • 信頼できる忠実な友
  • メッセージを託された人
  • 楽観的なスタート
  • アイディアにひらめく

逆位置

  • 未熟、頼りない
  • 子供っぽすぎる
  • チャンスを掴めない
  • 繊細で傷付きやすい
  • チャレンジ精神がない

ワンドのペイジ、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


ワンドのペイジが出たときの相手の気持ち

タロットカードで「ワンドのペイジ」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたといると新鮮で刺激的な時が過ごせると感じているようです。また、未来につながる何かを感じている様子もあります。相手の目にはあなたはとても魅力的に写っています。

あなたとの仲をより深めたい、あなたも同じように感じているのではないか、と思っている様子です。率直に感情を伝えてくれるタイプなのでメッセージは言葉どおり受け取って大丈夫そうです。

逆位置

あなたといると自分のペースが保てないと思い始めたようです。あなたの言動にかなり振り回されていると感じている様子。しかしそれを伝えても理解してもらえないだろう、と相手が大人目線で一歩譲っているようです。

あなたも少し大人になっていかないといけません。子供っぽくて場当たり的な発言に振り回され、少しうんざりした様子の相手がいます。

片思いを占ってワンドのペイジが出たとき

タロットカードで片思いを占って「ワンドのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手はあなたに若々しい魅力と可能性を感じており、あなたといるとワクワクしてしまうようです。あなたとのこれからの未来を思い描いている様子です。

チャンスがあれば、この関係を前進させようという気力に満ち溢れています。あなたをリードしていきたい気持ちも強いようです。この片思いは、相手から告白されるという形で実る可能性が高いです。

逆位置

子供っぽすぎるという理由で相手から受け入れてもらえない可能性を示すカードです。あなたに対して自分勝手な子供っぽすぎる部分があると感じているようです。

恋愛対象として見れない。と言われたとしたら、しばらく「妹」や「後輩」的な立ち位置で相手の近くに居場所をつくり、自分の成長を見せていくのがいいかもしれません。

不倫を占ってワンドのペイジが出たとき

タロットカードで不倫を占って「ワンドのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたとの不倫関係はまだ始まったばかりではないでしょうか?これからの進展をとても期待してワクワクしている相手がいます。相手がリードしてくれますのであなたは相手に任せていればどんどん不倫関係は進展していくことでしょう。

あなたには今まで付き合った女性にはない、フレッシュな魅力を感じていて、この先も不倫関係を続けたい、進めたいと未来へのつながりを意識している様子です。

子供が授かりやすいので注意しましょう。しかし、子供ができたことをきっかけに不倫から本命へと変わる可能性もなくないようです。

逆位置

不倫相手はあなたとの不倫を続けていく自信がないと出ています。この不倫は大きな障害があり、中々進展していかないことを意味しています。相手が忙しい、遠距離であるなど。

または、あなたが子供っぽすぎて、相手がリードして不倫関係を進めなくてはならないが、そこまでの意欲がないことが原因です。



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!

浮気を占ってワンドのペイジが出たとき

タロットカードで浮気を占って「ワンドのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

魅力的であなたよりも年下の女性と出会い、浮気につながる可能性を示すカードです。あなたとの恋愛が疎かになっている交際相手の様子がでています。

あなたにバレるリスクや、別れるリスクを冒してでも、出会った年下の異性と浮気をしようと意気込んでいそうです。ここしばらくは相手が出会う魅力的な異性に要注意でしょう。

逆位置

あなたに子ども扱いされ、交際の主導権を握らせてもらえず、お付き合いを楽しめない気分のようです。もっと頼られたいと思っている相手がいるようです。

その物足りなさから浮気を考えますが、浮気するチャンスもないといった不満だらけの様子。付き合った頃を思い出し、相手にリードを任せてみると関係が改善し、相手の浮気願望も消えそうです。

復縁占いでワンドのペイジが出たとき

タロットカードで復縁占いをして「ワンドのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

小細工をせず、ストレートに踏み出すと復縁が上手くいくというカードがでています。深刻に考えずに楽観的にもう一度付き合ってみる?と軽い気持ちで相手に提案してみてください。

付き合った頃のようなフレッシュな気持ちを取り戻すことが出来れば、復縁することも可能です。相手とのやり取りを楽しむ気持ちになれれば、復縁するチャンスはすぐに訪れるでしょう。

逆位置

自分勝手な言い合いになってしまい、復縁はなかなか出来そうもありません。お互いに傷付きたくない気持ちや、相手に依存する姿勢が強く、自分から行動することができずにいるようです。

お互いもう少し大人の考え方が出来れば、復縁も可能かもしれませんが、お互いに幼稚なところがあるようです。今のままでは難しい状態です。


仕事を占ってワンドのペイジが出たとき

仕事についてタロットカードで占って「ワンドのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

フレッシュで伸びしろのある新人の登場を意味するカードです。あなたについて占ってこれが出たなら、あなたは新しい環境で試される状況かもしれません。ストレートにコミュニケーションするというカードですので、うじうじすることなく、明るく何でも聞くとよいでしょう。

逆位置

仕事でこのカードが出た場合、不満を持っている若い人、またはもっと出来るのに…と自信過剰の状態にある新人を意味します。きつい言葉に過剰反応するという意味もありますので、あまりにストレートな言動は慎んだほうが良いでしょう。

人間関係を占ってワンドのペイジが出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「ワンドのペイジ」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

親友との時間を過ごすチャンスがありそうです。または、新しく出会う人がいそうです。何か未来につながる橋渡しや、あなたにとってのメッセージを持っている人かも知れません。

逆位置

いつもはっきりせず、うじうじと考え込んでいる様子の人を表すカードです。とくに深い不満というより、割り切って進んでいくことが苦手なタイプのよう。あまり追い詰めないで見守りましょう。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH