タロットカード「ワンドの10」の意味とリーディング

タロットカード「ワンドの10」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「ワンドの10」は、責任の重さや束縛を表すカードです。小アルカナのワンド(棍棒、杖)グループ14枚の10枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

ワンドの10の意味

タロットカードの小アルカナ「ワンドの10」は、責任の重さや重労働、束縛を表すカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。ワンドには労働、実務や粗削りな力強さという意味があります。

「10」は、1から始まった数字が、ひとつのクライマックスを迎えるタイミングといえます。これ以上ない状態、完成した状態を示す数字です。

「ワンドの10」には、10本の重そうな杖を抱えた若い男性が描かれています。男性は美しい村を通っているようですが、目の前の仕事の多さに、風景を見るどころではありません。その杖からはさまざまな芽が出ており、男性の今の苦労は将来に結びつくものといえそうです。

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」から派生したといわれます。「クラブ」は棍棒を表し、労働をもって世の中を支える農民を象徴します。

古代の英雄の武器としても有名で、トランプの「クラブ」が三つ葉のクローバーの形で描かれるのは、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの棍棒が「メイス」と呼ばれる三つ叉の棍棒だったことに由来するそうです。

古代や中世のヨーロッパの戦いにおいても、ワンドを使って打撃戦を行う戦士は多かったため、「原始的なパワー」「パワーファイト」といった意味も持ちます。

ワンドにはもうひとつ、別の意味があります。それは「魔法の杖」というものです。ハリーポッターなどで出てくる杖も「ワンド」と呼ばれています。

ワンドは「火」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。ワンドはこのうち「火」のグループのカードです。「火」の元素は、湧き出る力を意味します。

タロットカード「ワンドの10」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「ワンドの10」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 手一杯の仕事、限界
  • 大きな負担、責任
  • 独りで抱え込んでいる
  • 重圧、重荷、抑圧
  • 決定的な出来事
  • 困難な状況、辛い現実

逆位置

  • 重圧からの解放
  • 責任を手放す
  • 人に頼る
  • 己の限界を知る

ワンドの10、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


ワンドの10が出たときの相手の気持ち

タロットカードで「ワンドの10」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

「ワンドの10」のカードは、手に負えない、とか、重荷を抱え込んでいる、という意味です。あなたと付き合うからには責任を持たなければ、とプレッシャーを感じているかもしれません。

あなたとの関係に向き合うエネルギーや時間が足りない人、たとえば家庭に責任を持つ既婚者、または、仕事の責任が重い、などの場合にもよく出るカードです。

逆位置

「ワンドの10」の逆カードは、束縛からの解放を意味します。あなたから解放されたいという気持ちがあるかもしれません…?もしかして相手の重荷になっていたりしませんか?束縛が強かったり、わがままを言いすぎるなど。

または、相手はあなたとの関係において、責任をとりたくない、もっと軽い関係がいい、などと感じている可能性もあります。

片思いを占ってワンドの10が出たとき

タロットカードで片思いを占って「ワンドの10」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手に気に入られようとして、無理に自分を演じているのかも知れません。そしてそのムリがあなたの重荷となってしまっている様子です。気負いせずに相手と接することがまずは大事なようです。リラックスしましょう。

本来のあなたらしさを押し殺してアプローチするのはやめたほうがいいでしょう。両想いになっても、すぐに限界がきてしまいます。言われたことを何でも聞き入れるのも、恋人というより、便利屋さんになってしまいますよ。

逆位置

「ワンドの10」の逆カードが出たら、片想いを手放し自由になるという暗示です。気持ちが解放され、気楽になったあなたが見えるようです。

相手に気に入られようと、無理したり、頑張っていましたね?でももう止めた、本来の自分でダメならしょうがないか…と、どこか清々しい気分になる日も近いでしょう。

助けを求めよ、という暗示でもあるので、誰かに協力して貰うと、この片想いが上手くいく可能性もあります。

不倫を占ってワンドの10が出たとき

タロットカードで不倫を占って「ワンドの10」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

「ワンドの10」は、ひとりで抱え込み過ぎている、というカードです。既婚者としての責任、社会的なメンツ、不倫相手への愛情表現…全て独りで抱え込んで、身動きできない状況のようです。

今の状況はあなたにとって負担になっているようです。何が大切なのか、よく考え、どちらかを手放す必要がありそうです。全てを持ったまま進むことは難しいという暗示です。

逆位置

不倫関係が限界を迎え、何かを手放すという選択肢を選びそうです。この不倫はあなたの人生において、重荷になっていたようですから、別れてスッキリした気分になれそうです。

不倫相手に別れを伝えても、関係を続けたいと要求してくる場合もあります。しかし、ここは気持ちを強く持ってスッパリ断りましょう。相手の要求にいろいろと答えてきたあなたですが、もう限界…そんな状態でしょう。


浮気を占ってワンドの10が出たとき

タロットカードで浮気を占って「ワンドの10」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたとの交際や仕事など、いっぱいいっぱい。他に恋人を作って浮気をするほどの余裕はないと出ています。過度な要求や責任を押し付けずに、気楽な交際をしていくことがベストなようです。

あまりに相手を締め上げると、一瞬の現実逃避として浮気に走る可能性はなくありません。癒し系の出現には要注意。

逆位置

交際相手はあなたの恋人という立場に、少し疲れてしまったようです。相手への要求が多すぎたのかも…?

あなたの要求をうんうんと聞くタイプの相手なら、たまった不満が爆発するかもしれません。

楽しく気軽に交際したいタイプの相手なら、結婚しないの?とプレッシャーをかけたり、浮気はしないでね、とくぎを刺すあなたは、ちょっと重かったようです。

復縁占いでワンドの10が出たとき

タロットカードで復縁占いをして「ワンドの10」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手と本当に復縁したいのか、復縁したくないのか、よく考えて行動すべきです。いろんな気持ちを抱えすぎています。

周囲のプレッシャーや、込み入った事情があって、なんとなく相手と復縁しなければならない、と思っていたりしませんか?

別れた理由についても、自分が悪いんだ、と責任を独りで抱え込んでしまっているようです。一旦その気持ちを捨ててみてはどうでしょうか。

逆位置

別れの原因は、お互いに毎日が忙しすぎて相手のことを考える余裕がなかったことです。限界ギリギリだった状態から解放された2人がいます。

相手は「せっかく別れたのだから、フリーとして存分に楽しみたい」と思っているようです。お付き合いの責任を負いたくない気持ちもありそうで、しばらくは復縁は難しいでしょう。

あなた自身も、まずは日々を楽しむ余裕を取り戻しましょう。復縁はその後で良いのではないでしょうか。


仕事を占ってワンドの10が出たとき

仕事についてタロットカードで占って「ワンドの10」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

「ワンドの10」は、仕事をひとりで抱え込んでいるというカードです。成し遂げられるなら、そこから次の可能性がどんどん芽吹くでしょう。しかし、与えられた責任が大きすぎるなら、きちんと伝えないと、自分が倒れてしまいそうです。

逆位置

大変だった時期に終わりが来そうです。助っ人が現れたり、うまく他のメンバーに仕事を引き継げたりする可能性が見えています。

もし限界だと感じるなら、今すぐ声をあげて、ヘルプを求めましょう。うまくいくはずです。

人間関係を占ってワンドの10が出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「ワンドの10」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

引く手あまた、引っ張りだこでへとへとの状態です。あなたに何か頼みたい、あなたに近くにいて欲しいという人がたくさんいます。

もしやりたくない仕事や責任を押し付けられているなら、はっきりと分担を依頼しましょう。

逆位置

「ワンドの10」は解放されるというカードですから、何か大きな責任から解放されそうです。グループの役職から降りたり、子供が巣立っていったり…。巣立つところまでいかなくても、成長して手がかからなくなるなど。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH