タロットカード「ワンドの9」の意味とリーディング

タロットカード「ワンドの9」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「ワンドの9」は、試練のときが近づいている、備えなさいという意味のカードです。小アルカナのワンド(棍棒、杖)グループ14枚の9枚目のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

ワンドの9の意味

タロットカードの小アルカナ「ワンドの9」は、守りの姿勢を取ることを勧めるカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。ワンドには労働、実務や粗削りな力強さという意味があります。

「ワンドの9」のカードには、立ち並ぶ9本の杖と、辺りを警戒する人物が描かれています。頭には白い包帯のような布がまかれており、戦いのさなか、敵の再襲来に備えているようにも見えます。来るべき困難や騒乱にじゅうぶん備え警戒するように、という暗示のようです。

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」

小アルカナのワンドはトランプの「クラブ」から派生したといわれます。「クラブ」は棍棒を表し、労働をもって世の中を支える農民を象徴します。

古代の英雄の武器としても有名で、トランプの「クラブ」が三つ葉のクローバーの形で描かれるのは、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの棍棒が「メイス」と呼ばれる三つ叉の棍棒だったことに由来するそうです。

古代や中世のヨーロッパの戦いにおいても、ワンドを使って打撃戦を行う戦士は多かったため、「原始的なパワー」「パワーファイト」といった意味も持ちます。

ワンドにはもうひとつ、別の意味があります。それは「魔法の杖」というものです。ハリーポッターなどで出てくる杖も「ワンド」と呼ばれています。

ワンドは「火」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。ワンドはこのうち「火」のグループのカードです。「火」の元素は、湧き出る力を意味します。

タロットカード「ワンドの9」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「ワンドの9」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 決戦は間近
  • 準備する、守りの姿勢を取る
  • 慎重になりすぎる、疑心暗鬼
  • 周囲に心を閉ざす、人間不信
  • やってくる試練、苦闘

逆位置

  • 無防備、準備不足、油断
  • 臆病な気持ちを捨てる
  • 閉ざしていた心を開く

ワンドの9、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


ワンドの9が出たときの相手の気持ち

タロットカードで「ワンドの9」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手はあなたに対して警戒心があるようです。悪いことを想定して、心を開けない相手の様子が出ています。あなたが攻撃するはずもないのだけれど、トラウマや何かの事情がありそう…?

近寄りがたい雰囲気を作っているのは、あなたを嫌って防御しているというよりも、傷つくのが怖いという保身のようです。

逆位置

恋愛に臆病になって、心を閉ざしていた相手が、あなたに心を開き始めます。あなたが自分を傷つけるような人ではないとわかり始めたようです。

人を警戒し、ちょっと人間不信気味なところがあるというカードですので、しっかりと安心させてあげることが大切になります。

片思いを占ってワンドの9が出たとき

タロットカードで片思いを占って「ワンドの9」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

片思いの相手に、うまく心を開けていないのではないでしょうか…?相手との距離を縮められずにいませんか。または、ライバルがいないか、すごく警戒しているようですが、ライバルはいないと出ています。

敵ががいるとしたら、自分の臆病な心です。恋愛に臆病になりすぎていることが、恋の妨げになっています。傷つきたくないという思いを手放しましょう。あなたが心を開くことが必要です。

逆位置

恋愛に臆病になりすぎていたと気づきました。傷ついてもいいやと相手に心を開き始め、積極的に行動する気持ちになってきたあなたがいるようです。

片思いの相手にアプローチするなら、少し準備をしなさいというカードでもあります。恋愛をするための準備が、まだ何も出来ていないようです。

不倫を占ってワンドの9が出たとき

タロットカードで不倫を占って「ワンドの9」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

不倫相手が自分を傷つけないか心配で、心を開けない様子がでています。相手はあなたが心配しているほど、悪い人ではないようです。もっと打ち解けて不倫相手と関係を築いてみてはどうでしょうか。このままの状況では、長く続かないという暗示です。

また不倫関係が誰かにバレてしまわないか慎重になりすぎて相手と中々会えていないことも表しています。

逆位置

無防備すぎる、少し警戒しては、という警告のカードとなります。不倫相手に甘えすぎている、不倫相手に会うときにガードが甘くて周囲にバレそう、きちんと避妊していない、など、気持ちのゆるみがあるようです。

それでなくても適度な距離感が難しいのが不倫関係です。しっかりと気を引き締めてコントロールすることを勧めるカードといえます。


浮気を占ってワンドの9が出たとき

タロットカードで浮気を占って「ワンドの9」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

交際相手はどうやら浮気をしていませんし、あなたを傷つけるような酷い言動もしなそうです。相手を疑うより、心を開くことが浮気防止の得策です。疑いすぎると相手も嫌な気持ちになってしまいますので控えましょう。

ただし、このカードは「決戦間近」も表しますので、相手が万が一、浮気をしている場合には、決定的な状況が近づいているということを表します。

逆位置

浮気をしているのではないか、と疑って苦しんでいた状況から抜け出せそうです。あれもこれもと気を揉んで疲れてしまった様子ですね…?

これからは相手を信用して付き合っていくと良いでしょう。疑いすぎは浮気よりも酷い結末を招きかねません。相手を信じる気持ちを大事にして、臆病な気持ちはどこかへ捨ててしまいましょう。

復縁占いでワンドの9が出たとき

タロットカードで復縁占いをして「ワンドの9」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

復縁したい気持ちはあるのに、相手を受け入れようとしないあなたがいるようです。相手にはすでにもういい人がいるのではないのか、私のことをまた傷つけるのではないか、など。

自分が傷つきたくない気持ちはわかりますが、これでは復縁は出来ません。本当に一緒にいたいなら、相手に心を開く余裕を持ちましょう。

逆位置

「あんなやつ、誰かに取られたりはしないだろう」「ライバルなんていないだろう」と油断しているようですが、ぼんやりしていると、他の誰かに取られてしまいそうです。

復縁したいならしっかりと準備をして、さっさと動きましょう。新しいライバルが出現してしまっては、復縁もかないません。


仕事を占ってワンドの9が出たとき

仕事についてタロットカードで占って「ワンドの9」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

かなりの試練や、大舞台が訪れそうです。しっかりと準備をして、気の緩みなどが出ないようにしておきましょう。遠方からの来客や、思ってもみなかった提携などの可能性もあります。

逆位置

今までまったくムリだと思っていたことが、現実となりそうです。気持ちを柔軟に持って、しっかりと取り組んでいくとよさそうです。

人間関係を占ってワンドの9が出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「ワンドの9」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

人間関係のゴタゴタや、ちょっとしたトラブルに見舞われたばかりなら、まだ終わっていません。警戒を怠らないようにしたほうがいいかもしれません。

逆位置

見えない敵を作って、自分だけで怯えたり、怒ったりしているというカードになります。ネガティブな気持ちになったら、被害妄想ではないか、現実を見ているかと自問しましょう。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH