毒親とのつきあい方③実家に入れる生活費はいくら?

毒親とのつきあい方③実家に入れる生活費はいくら?

毒親持ちにとって、1人暮らしは自立への第一歩であり、自由への始まりでもあります。とはいえ、現実的には実家に住んで、親と同居を続けている人も多いのでは…。今回は実家暮らしだけど、いつか1人暮らししたい!という人のために「家に生活費をいくら入れるべき?」「何をしておくべき?」といった疑問に答えます。

実家暮らしのメリットは?

実家暮らしにはさまざまなメリットがあります。最大のメリットは「経済的な負担がとても少ない」ことです。

実家暮らしなら家賃や食費、水道光熱費の負担が、1人暮らしよりも少なくすむことが多く、貯金にまわせる金額も増えます。

令和3年3月31日に厚生労働省の発表した「令和2年賃金構造基本統計調査の概況」を見てみましょう。20~24歳の平均年収は男女平均で21万2000円、女性だけ抜き出してみると20万9200円と、決して高いとはいえません。

令和2年賃金構造基本統計調査の概況(令和3年3月31日・令和3年5月14日訂正)
令和2年賃金構造基本統計調査の概況(令和3年3月31日・令和3年5月14日訂正)

年齢が上がってもそれほど給与は上がらず、なかなか貯金がしづらい現実があります。パートやアルバイトの収入はさらに少ない場合が多く、実家暮らしは大きな経済的メリットがあるのは間違いありません。

しかし実家で生活するのがメンタル面できついと感じるなら、家を出ることによるメリットのほうが経済的なメリットより大きいかも知れません。

実家に入れるお金の相場はいくら?

実家に入れるお金の相場はいくらなのでしょうか?

株式会社リクルートの運営する不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)ジャーナル」が2015年に発表したアンケート※によると、首都圏で親と同居する社会人が実家に入れる生活費は、平均すると3万7417円だそうです。

「家にお金を入れる」という女性の場合、意外にも社会人になって間もない年代である20歳~24歳がいちばんきちんと家にお金を入れているようです。

30歳~34歳は、家にお金を入れる人の割合も、入れる金額も減っています。結婚資金を貯め始める人や、「ずっと一緒に住んで欲しい」と思う両親がこのタイミングでお金を入れるのを断ることもあるそうです。

35~39歳になると自分の収入が上がったり、親の退職で自分も家計を支える意識が高まるのだとか。

年齢、性別、年収などによっても変わりますが、実家にほとんどお金を入れない、という人も全体の3割弱ほどいます。

※SUUMO実家暮らし調査(対象400名、うち女性200名)
調査期間:2015年3月19日~2015年3月20日

実家から出るには?

実家から出たいと願っている場合、大切なのは自分自身で家計をまかなえるようになることです。いずれ自立を考えているのであれば、まずは1カ月間にお金がいくら出ているのかをまとめてみましょう。

実家暮らしをしていると、家賃がかからないだけでなく、水道光熱費やNHKの視聴料など、見えづらい支出も親に払ってもらっているため、思っている以上のお金がかかることに気付きません。自分が1人暮らししたらいくらかかるのか、それを把握できれば、いくら貯金すれば家を出られるのかもわかります。

もし平均よりも明らかに多い金額を家に入れているようなら、少し減らすことも考えて良いと思います。

お金を入れていない場合?

実家からお金をたくさん要求されているのも問題ですが、お金をまったく受け取ってもらえないのも困りものです。経済的に甘えているうちに親離れのタイミングや自立する機会が失われてしまうからです。発言権も弱くなります。

お金は要らないという親と同居しており、いつかは1人暮らしをしたいなら、その浮いたお金を決して浪費しないようにしましょう。そして貯金をおすすめします。

お金の知識も身に付けよう

正しいお金の知識を身に付けることも大切です。節約方法や正しいお金の使い方を学べば、将来自立するときに必要な金額が貯金できるようになります。

お金の知識は正しく身に付ければ一生使える知識なので、自信をもって自立するためにも、まずはお金について意識していくと良いでしょう。

ルームシェア、シェアハウスも考えよう

もしあなたが人間関係を苦にしないタイプなら、家を出る最初の一歩としてルームシェアやシェアハウスも選択肢です。

信頼できる同性の仲間と、お金をきちんと折半してルームシェアするのが理想的。そのときには共有スペース(キッチン、バス、トイレ)の掃除当番や、ちょっとした買い物などの分担もお互いに決めておくと、トラブルが減ります。

できれば1人に1部屋が確保されている物件を選びましょう。

トラブルがゼロの同居生活はない、というのも肝に銘じておいたほうがいいでしょう。他人と暮らすのは性格的に向き不向きもありますから、1人で暮らすのが向いているタイプは数万円をケチってルームシェアすることで、ストレスを抱えないように。

付き合っている相手と住むなら…

付き合っている人がいる場合、相手の家に転がり込む、という荒業もなくはないですが、結婚生活の前に同棲してしまうことになりますのでよく考えましょう。

もし同棲する場合は避妊にも気を配らなくてはなりません。相手が納得感のないまま同棲生活が始まり、妊娠してしまったりすると、お金も計画も正式なパートナーもないまま、母親になる…という可能性もあります。

相手の都合を考えないで転がり込むと、迷惑がられてしまい、関係が悪くなることもありえます。また、DVやモラハラをされても立場が弱く文句を言えなかったりしますので、これも要注意です。

1人暮らしで毒親から自立

1人暮らしを目指しても、誰もがすぐに家を出られるわけではありませんよね。しばらくは毒親と同居していかなくてはならない人もいるでしょう。

自分が1人暮らしするのに必要な金額を計算し、そのために貯金を始めれば、いつかは家を出る日がやってきます。自立した後は誰も助けてくれませんので、その時のためにしっかりと計画を立てていきましょう。

それまでは家にいて親の世話になっていることは事実ですので、お金を入れる、または手伝いをするなどの気遣いも精神的な自立の一歩かもしれません。

言いづらいことですが、お金をまったくもっていないと、誰と暮らしても言いたいことが言いづらい立場になりがちです。しっかりとした未来への計画があれば、耐える気持ちもだいぶラクになりますよ!

この記事の執筆者

Pearl編集部

Pearl編集部

Pearl編集部では皆様のお役に立つ情報を探して提供していきます。毎日を楽しく、明るく。そんなメディアを目指します。

RECOMMEND

SEARCH