【誕生日占い】11月7日生まれの姫たち

【誕生日占い】11月7日生まれの姫たち

11月7日生まれの人の誕生日占いをひと言でいうなら、「冴えわたる頭脳」です。学者や官僚、政治家などが多く生まれた誕生日です。ここでは数秘術、ホロスコープ(西洋占星術)、過去に同じ誕生日に生まれた姫たちの人生から11月7日生まれを占います。

「11月7日」はどんな日?

11月7日といえば、「鍋の日」「もつ鍋の日」です。だんだん寒くなるこの時期、11月7日は暦の上でも立冬となることが多いためだそうです。


11月7日生まれの特徴は?

11月7日生まれの人はどんな特徴があるのでしょうか?数秘術とホロスコープ(西洋占星術)から探ってみましょう。

数秘術から鑑る「11月7日」

数秘術では生年月日のすべての数字から運命数を算出しますが、ここでは「月」と「日」の運命数を見ます。



数秘術から見た11月7日とは、次のように占われます。

  • 11月…「11」は数秘術でマスターナンバーといい、とくに11はスピリチュアルな数字として扱われる。感受性が強く、場合によっては霊感を持つ人も
  • 7日…「7」は固定を表す4角と、バランスしながらも動く力を秘めた3角の組み合わせ数。強く飛び出していくパワーを秘めた数字
  • 11月7日…7日の運命数「7」は強く飛び出していくパワーを秘めた数字であり、11月の運命数「11」が感受性や霊感といった目に見えない世界とつなぐ。

ホロスコープで鑑る「11月7日」

ホロスコープ(占星術)から見た11月7日は、さそり座(蠍座)です。この日はてんびん座の中でも、第二デーク「さいだん座」に属します。

12星座占い

さそり座は「火、風、水、地」の4つのエレメントのうち、「水」に属します。直感的、感覚的にすぐれ、感情表現豊かです。気性が激しくプライドが高いところがあります。

→さそり座(蠍座)の性格と特徴を見る

36星座占い

さいだん座は日本からは見ることができない南半球の星座です。儀式を執り行ったり、いけにえを捧げる祭壇を形どっています。かつては「トリブロム(礼拝に使う香炉)」と呼ばれていました。

さいだん座には大切なもののために自己犠牲を厭わない愛情の深さがあります。

11月7日生まれの姫たち

ここからは11月7日に生まれた姫たちの生きざまを見ていきましょう。同じ11月7日生まれの姫たちでも、運命に負けてしまった人あり、自ら運命を切り拓いていった人あり…やはり最後は自分次第といえるでしょう。

マリー・キュリー

1867年ポーランド生まれ、フランスの物理学者、化学者。1903年にのーべる物理学賞、1911年にノーベル化学賞を受賞しました。

リーゼ・マイトナー

1878年生まれ、オーストリアの物理学者。放射線、核物理学の研究を行いました。マイトナーはなぜかノーベル賞を授与されませんでした(男性の共同研究者が受賞)。これについてはさまざまな憶測がありました。

バーバラ・リスコフ

1939年生まれ、アメリカの計算機科学者。MITの電気工学/計算機科学部門の教授

ジョニ・ミッチェル

1943年カナダ生まれのシンガーソングライター。北米の音楽業界でもっとも尊敬されているミュージシャンのひとり。

Hitomi

1976年生まれ、日本のシンガーソングライター。

片瀬那奈

1981年生まれ、日本の女優、司会者、モデル。

村上佳菜子

1994年生まれ、日本のフィギュアスケーター。

11月7日生まれのあなたへ

11月7日生まれの人は、才能に恵まれています。ただ、それを開花させるまでの紆余曲折はわりとあるほうかもしれません。じっくりと自分を育てることが大きな成功につながりますので、焦らず実力をつけていきましょう。



この記事の執筆者

姫占いライター

姫占いライター

誕生日が歴史に残っているということは、その人が何かを成し遂げたということ。歴史に名前が残る女性は、男性に比べてまだまだ圧倒的に少ないです。女性学者、政治家、経営者、官僚といった社会を変える力を持つ女性はなかなか増えないし、光も当たらない。社会を変えたパワフルな「姫たち」を、誕生日占いとともにご紹介します。

RECOMMEND

SEARCH