タロットカード「カップのキング(王)」の意味とリーディング

タロットカード「カップのキング(王)」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「カップのキング(王)」は、知的で温厚なリーダーを表すカードです。小アルカナのカップ(聖杯)のグループ14枚のうち、最後のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

カップのキングの意味

タロットカードの小アルカナのキングは、リーダーシップや知性、人生経験豊富な年上男性などの意味を持ったカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。

カップのキングは「カップ」のグループ(スートともいう)の最後にあたる14番目のカードで、コートカードと呼ばれる人物札にあたります。

カップのキングは誰?

カップのキングは、神聖ローマ帝国の初代皇帝、カール大帝だという説があります。カール大帝はフランス語では「シャルルマーニュ」と呼ばれます。

カール大帝は実在の人物で、西暦742年4月2日に生まれ、768~814年の50年近くにわたりフランク王国に君臨し、西ヨーロッパ全域に領土拡大をしました。フランスを中心とする西ヨーロッパ世界の礎を築き、西欧世界の始祖ともいえる大きな存在です。

食事中に歴史書や神学の講義を受けるなど、知的で向学心が強く、信心深い名君だったという記録が残っています。

学問やキリスト教会の保護にも熱心で、「余の務めは、聖なるキリストの教会を作ること」と語っていたそうです。

小アルカナのカップはトランプの「ハート」

小アルカナのカップはトランプの「ハート」から派生したといわれます。「ハート」は聖杯を表し、愛と教育をもって世の中に尽くす聖職者を象徴しています。キリスト教の宗教儀式で使う「チャリス」という名で呼ぶこともあります。

ヨーロッパの伝説では、聖杯には人を癒す飲み物が入っているとされるため、カップには愛情、慈しみ、癒しの意味もあります。

カップは「水」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。カップはこのうち「水」のグループのカードです。「水」の元素は、感情や愛情を意味します。

タロットカード「カップのキング」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「カップのキング」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • 知的な人物
  • 年上の紳士
  • 頼り甲斐がある、信頼できる
  • 豊富な人生経験
  • 他者を導く指導者
  • 力強さ、熱心さ
  • 寛大、温厚、包容力
  • 思いやりの気持ち

逆位置

  • 不誠実、信頼できない人物
  • 頼り甲斐がない、他人任せ
  • 横柄でワンマン、独りよがり
  • 思いやりがない
  • 支配的、気性が激しい
  • 感情にまかせて行動する

カップのキング、逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかは、そのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


カップのキングが出たときの相手の気持ち

タロットカードで「カップのキング」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

頼りがいのある、しっかりとした相手を表すカードです。カップのキングは人生経験豊富な年上男性を暗示しますので、温かい、余裕に満ちた気持ちであなたのことを想っている様子です。

あなたが困っていたら助けてあげたいと思っているようです。何かしてあげたいという、誠実な気持ちであなたと向き合っているようです。

逆位置

自分の押し付けがましい考えや、こむずかしい持論をあなたにぶつけてきます。支配的な気持ちが強い様子の相手のようです。

気性が激しく、自分の気分が第一。自分本意の気持ちが強く、あなたの思いなんてそっちのけになってしまいそう。自分の言うことを聞かせたい、という気持ちがとても強いようです。嫌なことは嫌だと、はっきりと伝えることが大事です。

片思いを占ってカップのキングが出たとき

タロットカードで片思いを占って「カップのキング」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

片想いの相手はとても誠実で信頼できる人物のようです。あなたが相手への想いを伝えれば、きちんと向き合ってくれるでしょう。

相手からあなたに告白してくる可能性は低いようですから、勇気を出して、あなたのほうから告白してみると良いでしょう。

告白するのはハードルが高い、という関係の場合は、頼ったり相談しているうちに良い関係性が築けるでしょう。順調な交際に進んでいきそうです。

逆位置

片想いの相手は、自分の気持ちをそのままストレートに発言してしまうタイプかも。あなたが好意を伝えても「ごめん興味ない」と、はねつけられてしまうかもしれません。

経験も豊富そうなので、あなたがいいようにあしらわれてしまう可能性もあります。

あなたのために人生経験と知恵を使ってくれそうか、それとも利用されてしまいそうか、しっかりと見極めましょう。

不倫を占ってカップのキングが出たとき

タロットカードで不倫を占って「カップのキング」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたにとってこの不倫相手は肉体関係だけでなさそうですね。メンタル面でとても頼りにしている暗示です。困ったことがあるとつい不倫相手に相談したり、会いたくなってしまうあなたがいます。

不倫ではありながら、紳士的で豊富な人生経験を持つ相手と過ごすことは、あなたにとっても視野を広げる刺激となるでしょう。

今の状態を維持して相手にリードを任せていれば不倫関係は安定した状態が続くでしょう。ただし、結婚願望がある場合は、居心地の良い不倫のために婚期を逃さないように。

逆位置

都合の良い時だけ呼び出すけど、自分が都合の悪いときは突っぱねるという不倫相手ではないですか…?あなたのパートナーや相手のパートナーにバレないように気を付けましょう。全ての責任をあなただけのせいにしてくるかもしれません。

それなのに、あなたが関係を終わらせたいと口にしても、すんなりとは手離してくれません。あなたへの思いやりが足りず、相手の希望を満たすだけの不倫関係です。


浮気を占ってカップのキングが出たとき

タロットカードで浮気を占って「カップのキング」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたとの関係を大切に考えているので、浮気をすることはまずないでしょう。浮気の不安を感じさせることすら、あまりないのでは…?というカードです。

ただ、この相手は面倒見がいいので、かわいく頼るタイプが出現するとちょっと心配です。他の人の世話を焼いてる隙を作らせないことが浮気防止に繋がるでしょう。

逆位置

あなたとの関係において、支配的で上から目線という暗示がでています。自分本位に行動し、あなたが何を言ってもあまり聞き入れそうにありません。

浮気がバレても、何が悪いんだ、俺のすることに口を出すな、といった態度をとりそうです。浮気をを知ったあなたが別れようとしても、別れてもくれません。

どうしても別れたい場合、相手のほうから「別れよう」と言わせることが必要そうです。

復縁占いでカップのキングが出たとき

タロットカードで復縁占いをして「カップのキング」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

相手はあなたのことが気になって、放っておけないという気持ちが強くあるようです。しかしプライドが邪魔して、自分から復縁しようとは言えません。

相手は完全に受け身ですので、待っていても動きはなさそうです。あなたのほうから「あなたがいないと」など、相手を頼るような言動を見せ、プライドをヨイショしていけば復縁が叶う可能性はあります。

逆位置

相手から復縁しようと言ってこない限り、関係修復は難しいでしょう。ヘソを曲げて心を閉ざしており、話し合いも難しいかもしれません。こちらから復縁したいと言うと、逆効果のようです。

もう別れたんだ、と割り切った気持ちをもって、別の相手との交際をスタートしたほうがいいかもしれません。もしかすると、あなたが新しいデートを始める頃にプイっと戻ってくるかもしれません…?


仕事を占ってカップのキングが出たとき

仕事についてタロットカードで占って「カップのキング」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたが先輩の立場なら、経験豊富で思いやりのある仕事ぶりで評価されます。あなたが新人の場合、思いやりがあって面倒見のいい年上リーダーのおかげで、スムーズに仕事ができるでしょう。

逆位置

有力者やキーパーソンの気分や感情が、仕事の成果や評価を左右しそうな暗示です。理屈はさておき、上手に乗り切らないと、わりを食ってしまいそうです。

人間関係を占ってカップのキングが出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「カップのキング」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

人間関係が安定するというカードです。気持ちが安定して、思いやりのあるやり取りができそうです。

ふとした時に「前に同じような経験をしたことがある」と思うことがあるかもしれません。そういうときは過去の経験が生きそうです。

逆位置

リーダーの不在、または誰かの感情的な態度で振り回されます。理屈では説明ができないので、まともに分析しようとすると苦しみます。こういう時期なのだ、程度に受け止めておきましょう。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH