タロットカード「ソードのエース(1)」の意味とリーディング

タロットカード「ソードのエース(1)」の意味とリーディング

タロットカードの小アルカナ「ソードのエース」または「ソードの1」は、決断とスタートを表すカードです。小アルカナのソード(剣)グループ14枚の最初のカードとなります。ここでは恋愛(相手の気持ち、片思い、不倫、浮気、復縁)や仕事、人間関係などを占います。

ソードのエース(ソードの1)の意味

タロットカードの小アルカナ「ソードのエース(ソードの1)」は、未来に向けての決断やスタート、理性を表すカードです。

タロットカードの小アルカナは「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル(コインともいう)」の4グループ×各14枚、合計56枚あります。ソードには理性や知識という意味があります。

「ソードのエース(ソードの1)」に描かれているのは、空に向かって差し出された1本の剣です。この剣からは強い光が差し、月桂樹とヤシの葉が生い茂ります。

月桂樹とヤシはともに「栄光と勝利」を表す植物とされています。ヤシには一族の平和という意味もあり、強いリーダーに守られ、平和に栄えるというイメージのカードなのです。

小アルカナのソードはトランプの「スペード」

小アルカナのソードはトランプの「スペード」から派生したといわれます。「スペード」は聖剣を表し、剣を持って世の中を治める王侯貴族や権威を象徴しています。

ヨーロッパでは古くから、「正義」を聖剣と天秤を携えた女神の姿で現してきました。このためソードには「裁き」の意味もあります。

ソードは「風」をあらわす

小アルカナの4つのグループ(スート)はそれぞれ、古代哲学の4大元素「風、水、土、火」をあらわすとされています。ソードはこのうち「風」のグループのカードです。

「風」の元素は、情報や移動を意味します。転じて理性や判断力、行動力を意味します。

タロットカード「ソードのエース(1)」のキーワード

タロットカードの小アルカナ「ソードのエース」のキーワードは、正位置と逆位置(逆カード)で以下のようになります。

正位置

  • スタート、始まり
  • 理想の未来を手に入れる
  • 知恵と経験を武器に立ち向かう
  • 勇敢に立ち向かって未来を切り開く
  • 偉業を成し遂げる
  • 勝利と平和
  • 理性、真実

逆位置

  • 感情的になる
  • 物事をはじめられない
  • 偉業を成し遂げられない
  • 分析力の欠如
  • 知恵と経験を上手くいかせない
  • 未来へのスタートがきれない

ソードのエースの逆位置(逆カード)について

逆位置のカードをどう捉えるかはプロのタロット占い師にとっても大きな悩みどころとなっています。

幸運を告げるカードの逆位置をすべて「凶兆」と捉えてしまうと、タロットデッキのおよそほとんどが悪い意味をたたえてしまい、気持ちが救われることがありません。

逆位置をどのように解釈するかはそのときの状況をよく理解し、自らのインスピレーションを働かせることが必要です。


ソードのエースが出たときの相手の気持ち

タロットカードで「ソードのエース」が出たときの相手の気持ちは、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

あなたとどうやったら仲良くなれるか、相手は考えを巡らせている様子です。あなたと接近するチャンスを探しています。相手にとってあなたは高嶺の花のような存在。あなたへのアプローチはかなり挑戦だと感じているようです。

相手の中には、あなたとの理想の未来像があります。勇気を出して踏み出し、関係を進展させたいという、強い意志と決意があるようです。相手がグイグイアプローチしてくることもあるでしょう。

逆位置

相手はあなたとの関係を進展させる勇気もなければ、そのきっかけさえもないと思っているようです。

気持ちの奥底では、あなたと良い関係になりたいという願望だけはあるようですが、現状のままだと相手からグイグイとアプローチしてくることはないでしょう。

片思いを占ってソードのエースが出たとき

タロットカードで片思いを占って「ソードのエース」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

この片思いを実らせるチャンスが、ふいに訪れることを意味しています。そのチャンスを掴めば、あなたの希望する未来に繋がるような理想の展開が始まりそうです。

相手と接するチャンスが訪れたら、「恥ずかしい」「ムリ」という感情に負けないで。どうしたらここから恋人になれるか、知恵と勇気を使って相手に向き合うことが大事です。そうすれば相手との理想の関係の始まりが得られます。

少し強引なアプローチを仕掛けてもうまくいくでしょう。勇敢に相手と向き合っていることが伝わり、理想の未来を手に入れるきっかけを得られるでしょう。

逆位置

相手と接近するチャンスさえ、得られない状況です。先の見えない、進展のない片思い状態がしばらく続くでしょう。相手への気持ちは募るばかりです。

自分の中で、相手が好きだという感情ばかりが膨らんでしまうと、現実を見ることができません。相手への気持ちを断ち切ることもできなければ、相手との関係を進展させる勇気も出ません。

あなたは過去にもこういった進展のない、先の見えない片思いをしたことがあると思います。その時の経験を生かすことが大事だと、このカードは教えてくれています。

不倫を占ってソードのエースが出たとき

タロットカードで不倫を占って「ソードのエース」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

2人の中に、今までの関係を進展させたい、という希望が芽生えています。そしてそのきっかけが、天のいたずらのように訪れるでしょう。

不倫相手と将来結婚したければ、それも叶うかもしれません。この試練をどう乗り越えるか、全ては今の選択にかかっています。反対に、この2人の不倫を断ち切ることはしばらく難しいことも意味しています。もしかしたら不倫が本命になってしまうこともありえます。

感情だけに流されず、自身の人生の経験から理性的に勇敢に決断して未来に進んでいくことが求められています。

逆位置

感情に流された不倫をしている様子が出ています。このまま不倫を続けても未来がない、進展がないと、理性的に考えればわかるはずですが、考えることもできない状況です。

この関係を断ち切りたくても、断ち切れない現状を見つめてください。そうしないと、流されてダラダラと不倫を続けてしまいます。

あなたが思い描いている理想の展開にはなりません。状況をよくみて理性的な判断をしていかなければ、不倫相手の配偶者に訴えられてしまうなどということも起こりかねません。



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!

浮気を占ってソードのエースが出たとき

タロットカードで浮気を占って「ソードのエース」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

現状では相手は浮気はしていません。ただ、浮気したい願望は持っているかもしれません…。

特定の相手と浮気をしたいとずっと思っているのかもしれません。その相手と浮気ができる環境がそろえば、悪知恵を使って強引に浮気に走る可能性をあらわすカードです。

浮気の火種は早めにつんでおくこと、浮気できてしまう環境を作らせないことが大事です。

逆位置

浮気をしたいという気持ちはとても強く、しかも特定の相手と浮気したいと思っているようです。それとなく理性や節度を持つよう促し、もし浮気した場合に失うものをよく理解させないと、相手の中の浮気願望は消えません。

相手が浮気に踏み出す瞬間を見逃さないように。先手必勝で動けば、浮気の芽を潰すことができます。

復縁占いでソードのエースが出たとき

タロットカードで復縁占いをして「ソードのエース」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

復縁でソードのエースが出た場合、復縁したいという感情に振り回されていることを意味します。自分自身が幸せになるために、本当にその相手と復縁した方がいいのでしょうか?よく考えなければなりません。

妄念を断ち切って、これまでの2人の関係を理性的に考えてみて、それでも復縁したいと思うのであれば、復縁するためのチャンスが舞い込みます。もしそのチャンスが訪れたなら、未来に向かって突き進んでいきましょう。試練はありますが、きっと理想の未来が手に入ります。

逆位置

感情だけに振り回されてしまって正しい判断ができません。いつまでも相手との復縁のことばかり考えて、新しい恋、新しい人生のスタートができない状態です。

相手との交際で学んだことを、次の恋や人生に活かしていくことが大事です。過去にばかりとらわれず、将来自分が幸せになるための行動をとるタイミングが来ています。それは復縁するという選択ではなさそうです。

たとえ力尽くでどうにか復縁しようとしても、復縁は出来なそうです。復縁のチャンスも訪れません。


仕事を占ってソードのエースが出たとき

仕事についてタロットカードで占って「ソードのエース」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

大きな仕事が始まりそうです。決断をしてリーダーシップをとってください。正しいタイミングで正しい決断をすることで、大きな成功に繋がっていくという暗示です。

逆位置

なかなかきちんとスタートを切れないまま、誰の合理的な意思決定もなく、ズルズルとものごとが続いている様子を示します。必要なのはリーダーシップです。しかし、それが不在のようです。

人間関係を占ってソードのエースが出たとき

人間関係についてタロットカードで占って「ソードのエース」が出たときのカードの意味は、正位置と逆位置で以下のようになっています。

正位置

全員が目標を共有して進み始めました。結束は高まり、チームワークは良い効果を生み出していきます。みんなで達成感を味わうことができそうです。

逆位置

みんなの意見がバラバラのままの状況が進んでいます。もしチームワークが必要な局面、たとえば試合や大会に出なくてはならないなら、まずい状況かもしれません。感情的になっているなら、まずは現状把握を。


この記事の執筆者

Pearl編集部☆TAROT班

Pearl編集部☆TAROT班

タロット占いは中世から伝わるタロットカードを使います。大アルカナは22枚、小アルカナは14枚のスート(セット)が「ワンド」「ペンタクル」「ソード」「カップ」それぞれ4種類あり、全部で56枚です。占い師のインスピレーションが大切な占いです。

RECOMMEND

SEARCH