毒親との付き合い方②絶縁するべき?

毒親との付き合い方②絶縁するべき?

大人になってから毒親と向き合うシリーズ第2弾。毒親と一緒にいることが苦痛だったり、生活に良くない影響を及ぼしていると感じるとき、ふと頭をかすめる「絶縁」という言葉。成人するまで養ってくれた親を、子供が絶縁などしていいの?親子の関係はどうあるべきなのでしょうか。

毒親をどう思ってる?

子供は毒親をどうしたいと思っているか、インターネットの検索から知ることができます。

2021年5月現在、「毒親」と一緒に検索される「行動を表す単語」をボリュームが多い順に抜き出すと、以下のようになります。

  • 毒親+絶縁
  • 毒親+対処
  • 毒親+復讐
  • 毒親+カウンセリング
  • 毒親+介護
  • 毒親+殺したい
  • 毒親+自立

毒親を「殺したい」というショッキングな結果

毒親との関係をなんとか改善したい、という「対処」「カウンセリング」といった言葉もありますが、同時に「復讐」「殺したい」という過激な言葉もたくさん検索されています。

たいへんショッキングな結果ですが、「毒親+復讐」「毒親+殺す、殺したい」といった言葉を検索している人はとても多いのです。

「殺す」よりは「絶縁」を

カウンセリングなどを利用して、毒親に立ち向かおうとする人はいます。介護という、将来の困難な状況を想定して準備しようとする人もいます。しかし、子供が持つ毒親への気持ちは複雑に積み重なったものです。簡単に解きほぐすことは難しいといえます。

もし「ときどき殺したくなる…」ほど憎いなら、自分を責めるより、それが現実にならないように、回避するための現実的な手段を選んだほうがいいでしょう。

それが「絶縁」や、言葉を変えて「自立」であるなら、ぜひそうしたほうが良いのではないでしょうか。

「絶縁」永遠には続きません!

「絶縁」を迷う人もいるかもしれませんが、心配はいりません。「毒親とは絶縁する!」と決めても永遠には続かない(続けられない)からです。たいてい親子は数年のうちに、また顔を合わせることになります。

親子という関係にある以上、親戚の結婚式や法事などで顔を合わせざる得ないし、どちらかが本当に寝込んだり困窮した場合には連絡を取り合わないというわけにはいきません。

「絶縁」という重い言葉で決意をしても、親子という関係はそんなに簡単に解消できませんので、安心して絶縁して大丈夫です。では、絶縁で変わるのは何かというと、自分の気持ちです。

毒親をいちど断ち切る

毒親への気持ちは決して憎しみだけではありません。「もっと可愛いがってほしかった」「あのとき、ああしてくれたらよかった」といった、子供の側の裏切られた期待や希望の裏返しもあります。

親からしたら、「私だって簡単な人生じゃなかったのに、苦労して育てた子供が、まったく親の気持ちがわからない」と思っていることはありえます。

そういう感情的な行き違いがあるケースは理屈を詰めて話し合うより、関係をいったん切って冷却するほうが苦痛が少ないし、効果的といえるでしょう。

年を取ることが「ときぐすり」に

ときぐすり(時薬)という言葉を知っているでしょうか?病気やケガをゆっくりとじっくりと直しましょう、時間がお薬みたいなものですよ、という言葉です。

人間関係には特に「ときぐすり」が効きます。もつれた感情を冷却したり、遠くから相手の立場を眺めたり、自分を見直したりするのです。

親子関係の場合、年を取ることがそのまま「ときぐすり」となる可能性は大きいと思います。

他人に自分を捧げる経験

たとえば親になれば、子供のために自分の夢を諦めることもあるでしょう。人生の貴重な時間や予算を奪われ、苦痛を感じることもあるかもしれません。

親にならなくとも、ひとりの人間として社会で苦労したり、中年の危機を体験したり。昔の親ぐらいの年齢で親と同じ体調の変化を感じる人も多いでしょう。そういったすべてが「毒親」を解毒する手掛かりになります。

毒親の解毒をしよう

もし「毒親」に苦しんでいるなら解毒してください。「毒親」を「親」に戻して、なんとか付き合えるようになるまで解毒できるといいですね。それが人として生きる、社会に生きることだからです。

数回のカウンセリングで涙を流して親と抱き合えるようにしてくれる凄腕のカウンセラーがいればいいのですが、そんなに都合よく出会えるとも限りません。

毒親の解毒に特効薬が見つからないなら、ぜひ時間を味方につけてください。絶縁でも自立でも、言葉はなんでもいいのですが、数年親から離れて過ごすのです。出来るだけたくさんの経験をして、親との時間を乗り越えてください。

毒親から吐かれた言葉、けなされた経験、思い出すと腹が煮えくり返ることもあるかも知れません。ただ、それは呪いほどの力もないし、あなたの人格や人生を規定するほどの見識もありません。

数十年をかけて、自分が大きく成長し、あれほど恐れ憎んだ毒親が年を取り、小さくなり、丸くなり、そして自分よりもずっと先に逝くのだ、と実感するなら、解毒はかなり成功といえるのではないでしょうか。

【関連記事】毒親との付き合い方①理想形を期待しない

この記事の執筆者

Pearl編集部

Pearl編集部

Pearl編集部では皆様のお役に立つ情報を探して提供していきます。毎日を楽しく、明るく。そんなメディアを目指します。

RECOMMEND

SEARCH