【誕生日占い】2月6日生まれの姫たち

【誕生日占い】2月6日生まれの姫たち

2月6日生まれの人の誕生日占いをひと言でいうなら、「華やかな雰囲気」です。意識しないでも他人からの注目を浴びる個性の持ち主が多いです。ここでは数秘術、ホロスコープ(西洋占星術)、過去に同じ誕生日に生まれた姫たちの人生から2月6日生まれを占います。

「2月6日」はどんな日?

2月6日といえば、語呂合わせで「ブログの日」とされます。ニュージーランドがイギリス領になった日でもあります。

海苔漁が最盛期を迎える時期のため、1966年から「海苔の日」ともされています。



2月6日生まれの特徴は?

2月6日生まれの人はどんな特徴があるのでしょうか?数秘術とホロスコープ(西洋占星術)から探ってみましょう。

数秘術から鑑る「2月6日」

数秘術では生年月日のすべての数字から運命数を算出しますが、ここでは「月」と「日」の運命数を見ます。



数秘術から見た2月6日とは、次のように占われます。

  • 2月…「2」は引き離すことのできない2つのエレメントを表す。陰と陽、昼と夜、天と地、月と太陽など
  • 6日…「6」は愛情や想像力をもち、戦うよりも守るほうが得意。母性本能を表す
  • 2月6日…6日の運命数「6」は愛情や創造、見守る力を意味し、それを2月の運命数「2」がうまく形にしていく。

ホロスコープで鑑る「2月6日」

ホロスコープ(占星術)から見た2月6日は、みずがめ座(水瓶座)です。この日は、みずがめ座の中でも第二デーク「ペガサス座」に属します。

12星座占い

みずがめ座は「火、風、水、地」の4つのエレメントのうち、「風」に属します(水瓶なのに、「水」ではなく「風」エレメントなのです)。理性的、知性的であり、自分の考えを第一に行動します。

→ みずがめ座(水瓶座)の性格と特徴を見る

36星座占い

ペガサス座は秋に見られる星座のひとつです。四角形の形から日本では「桝形星」とも呼ばれていました。ペガサスは神話においてコリントス王ベレロフォンの愛馬とされ、数々の冒険に登場します。愛され、引き立てを受けるタイプです。

2月6日生まれの姫たち

ここからは2月6日に生まれた姫たちの生きざまを見ていきましょう。同じ2月6日生まれの姫たちでも、運命に負けてしまった人あり、自ら運命を切り拓いていった人あり…やはり最後は自分次第といえるでしょう。

デヴィ・スカルノ(デヴィ夫人)

1940年生まれ、元インドネシア大統領夫人。

ザ・ザ・ガボール

1917年生まれ、ハリウッドの女優、ソーシャライト。ハンガリー・オーストリア帝国出身の美女、ガボール3姉妹の次女。ウィーン仕込みの優雅な雰囲気と美貌で愛され、アメリカ社交界の華でした。現在でもアメリカでは「元祖セレブといえば、ザ・ザ」です。ヒルトンの創業者と結婚するなど、玉の輿にも何度も乗っており、バービー人形の設計料で巨万の富を築いた技術者とも結婚しました。

高村薫

1953年生まれの小説家。

キャシー中島

1952年生まれのタレント、キルト作家。

ナタリー・コール

1950年生まれ、アメリカのポップス、ジャズシンガー。ナット・キング・コールの娘。

2月6日生まれのあなたへ

2月6日生まれの人は、個性豊かで魅力的な人が多く、美貌を持つ人、他にはない才能を持つ人が多いようです。なによりも2月6日生まれの人には「華(はな)」があり、周囲を魅了するドラマがあります。




【気になるあの人の誕生日も検索!】

この記事の執筆者

姫占いライター

姫占いライター

誕生日が歴史に残っているということは、その人が何かを成し遂げたということ。歴史に名前が残る女性は、男性に比べてまだまだ圧倒的に少ないです。女性学者、政治家、経営者、官僚といった社会を変える力を持つ女性はなかなか増えないし、光も当たらない。社会を変えたパワフルな「姫たち」を、誕生日占いとともにご紹介します。

RECOMMEND

SEARCH